官能

素人が官能小説を書いてみた~執筆後の感想。 官能

素人が官能小説を書いてみた~執筆後の感想。

実はずっと夢だった小説。 ちょっといきなりは物語は厳しそうだったので、官能小説で人生処女作デビューしてみました。 それもどうなん?って話ですが、エロなら書きやすいかなーと。では箇条書きで。 1 とりあえず書いてみるべき  何はともあれ、登場人物とテーマだけ決めたら、書き出してみましょう。意外と書ける…
僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第36話 最終話 官能

僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第36話 最終話

最終話。衝撃の結末は…忠男君目線。前回記事はこちら。 https://tidax-2.com/官能/僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄-第35話 ---- 「…えっ?えっ?何、何でここに電話してるの忠男君?」 それは紛れもなく、愛菜の声だった。 聞きなれた愛菜の声。 間違うはずもない。 どこかで間…
僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第35話 官能

僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第35話

第35話。愛菜目線。前回記事はこちら。 https://tidax-2.com/官能/僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄-第34話 ---- 言ってしまった、ついに。 私は、自ら遊佐君のを招き入れた。 倫理観の戸惑いもなく、それどころか背徳感に興奮しながら。 私は、狂うほど腰を振っていた。 「は、…
僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第30話 官能

僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第30話

第30話。婚約者との性交はしかし…?愛菜目線。前回記事はこちら。 https://tidax-2.com/官能/僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄-第29話 ---- 忠男君のピストン運動を受け入れる私。 「愛菜、気持ちいいかい?」 …正直いって、よくない。 忠男君は懸命に私の膣内をかき回す。 け…