知りたくないではすまされない 読後感後編


前回記事の後編です。前回記事はこちら。https://tidax-2.com/%e8%aa%ad%e5%be%8c%e6%84%9f/%e7%9f%a5%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%af%e3%81%99%e3%81%be%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%80%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e8%a3%8f%e5%81%b4

安全保障を考えるのに必需本です。さて、備忘録。

・トランプが訴えるのは移民反対ではなく、不法移民の排除である。

・トランプ政権の考えは「軍拡が戦争を引き起こす」のではなく「国際社会のバランスが崩れたときに戦争は起こる」であり、中国と対抗するために米軍を強化する。

・中国の実際の国防費は36兆から54兆円に上ると見積もられる。米軍は60兆円と圧倒しているように見えるが、世界に軍を派遣しているため、アジアに割り当てられた予算は10数兆円であり、すでに米軍は劣勢になりつつある。

・トランプのリスクや失言は報じるのに、一般教書演説を報じるのが読売だけである日本のマスコミは、ずれている。

・2010年9月に起こった尖閣諸島における漁船体当たり事案と、それに続く日本政権(菅直人民主党政権。現在の立憲民主党の系譜)の弱腰(体当たり船長を釈放し、賠償金を与えた)は、アメリカに失望を与えた。一時期はアメリカと中国で日本を搾取する案がでたほど。アメリカからすれば、自国の領土を守る気がないなら、さっさと属国になったほうがよい。

・中国とアメリカが和解にすすんだニクソン・ショックの原因は、日本にもある。アメリカはソ連と戦うために、日本へ核を含む大国としての独立を促したが、日本国内の「原爆水爆反対運動(中国やソ連の核にはなぜか文句いわない、不思議な人達)」に阻まれ、次善の策として中国と手を結ぶことを選択した。

・アメリカにとって、ともに戦うなら味方。そうでないなら敵。

・ソ連対抗で手を結んだ中国とアメリカは、情報分野で深いやりとりをしている。日本は、この分野で蚊帳の外。北朝鮮に対しても、役に立たない味方の日本より、敵である中国とのやりとりを、アメリカは重視する。

・アメリカは敵と味方を取り違える天才。なので、注意深くアメリカに接し、指導者の動向を見なければならない。

・外交・情報・軍事・経済で考える視点が必要。英語の頭文字をとってDIMEという。これについて論じられた本が「米中もし戦わば」

・中国が今後発展を目指す分野は次の10個。

・半導体、次世代情報技術、AI、航空・宇宙、海洋設備・ハイテク船舶・EV・新エネルギー車、電力設備(原子力)、農業設備、高速鉄道・リニア、新素材、バイオ医療。

・上記の分野で技術を狙っている。日本企業も、不祥事を起こした会社に近づいたり、技術者に接近したりといったことが起こっている。

・アメリカが中国を打倒してくれるなどと思わないこと。アメリカにとって大切なのは中国を軍事的に押さえ込み、市場を開放させ、アメリカが儲けることである。中国の打倒は含まれないことに注意。

・日本で防衛産業はいじめられているが、通常の国際感覚では、防衛産業=ハイテク技術分野なので、力をいれないのはおかしい。

・自国のハイテク産業を守るには、適切な法整備と景気回復(消費税減とインフラ整備)により輸入を増やすこと。

・今後の日本の力は、金。軍備拡大で困窮するアメリカと、混迷のヨーロッパ、経済失速の中国に先んじているのは、内部留保の多い日本。

・米軍との連携で、日本の強みはロジスティック。韓国が反米路線である限り、アジアの米軍は日本が支えるしかないことが、強みとなる。

・アメリカ頼みをやめつつ、アメリカにとって敵に回すと厄介な国を目指すことが、日本の生きる道。米中結託をさけつつ、国力をつけること。独立と平和は与えられるものではなく、勝ち取るもの。

以上です。中身の濃い本で、とても興味深かったです。

やはり、それぞれの目線に立たなければ、国際関係は理解できない。

こんどは「米中もし戦わば」を読もうと思います!

以上の箇条書きから、ピンと来るモノがあれば是非ご購入を!




Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA