英語勉強→文法→疑問形


今日は5w1h。前回はこちら。https://tidax-2.com/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%8b%89%e5%bc%b7/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%8b%89%e5%bc%b7%e2%86%92%e6%96%87%e6%b3%95%e2%86%92%e7%96%91%e5%95%8f%e6%96%87

疑問文といえばこれ、5w1h。これは、

 what(何) 例文:What are you doing? 何してるの?

 who(誰) 例文:Who are you? あなたは誰?

 where(どこ) 例文:Where are you from? どこから来ましたか?

 when(いつ) 例文:When did you finish homework? いつ宿題が終わりましたか?

 which(どっち)  例文:Which runway do you use? どちらの滑走路を使いますか?

 how(どう)   例文:How much is it going to cost? それはいくらかかりますか?

の頭文字をとったものです。 

他にも、

 whose(誰の)

 why(なぜ)   例文:Why japanese people? なぜだ日本人?

もあります。

また、組み合わせとしては、

 How much(いくら?)

 What time(何時?)

 How old(何歳?)

 How long(どれくらい)

 How many(いくつ?)

などがあります。 

では、疑問文の作り方。

例えば何をする予定か、を聞きたい場合。

 例文:What are you plans for this weekend? 今週末、何をする予定ですか?

となります。

語順としては、聞きたいことに対応した疑問詞を文頭にもっていきます。例文ではWhat。あとは疑問文と同じ形となります。上記例文のような、be動詞の文であれば疑問詞+be動詞+主語。

 例文:where do you want to meet? どこで待ち合わせますか?→一般動詞の疑問文。疑問詞+do+主語+動詞。

注意点として、主語を聞きたい場合(whoを使う場合)は、語順は平叙文と同じです。

 例文:Who plays tennis? 誰がテニスをしますか?→Who tennis play? とはならない。I play tennis.と同じ語順で、文頭をwhoに変えます。

まとめ。

疑問詞を使った疑問文を作る際は、頭に疑問詞を。そのあとは、whoを覗いて他の疑問文と同じ語順でOK!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA