英語勉強→単語の使い分け→驚き


今回は「驚き」の使い分け。前回記事はこちら。https://tidax-2.com/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%8b%89%e5%bc%b7/%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%8b%89%e5%bc%b7%e2%86%92%e5%8d%98%e8%aa%9e%e4%bd%bf%e3%81%84%e5%88%86%e3%81%91%e2%86%92%e6%80%9d%e8%80%83

驚きを表す表現として、複数の単語が英単語辞書では紹介されています。

今回はそのうちメジャーな5つを勉強。

1 amaze 驚嘆させる、感銘を与える、あきれさせるといったニュアンス。surpriseよりかなり驚いた表現で使われます。

 例文:He amazed the woman with his presentation. 彼はプレゼンでその女性を驚かせた。→amazeを能動的に使う形。「驚かせた」というニュアンス。

 例文:I was amazed by her beautiful voice. 彼女の美しい声に感嘆させられた。→be動詞に過去形で受動態で使う形。「感嘆させられた」というニュアンス。

2 shock 衝撃を与える、ぎょっとするといったニュアンス。どちらかというとネガティブな驚きに使います。

 例文:They were shocked by the news of his dead. 彼らは彼の死亡に関するニュースに衝撃を受けた。→受動態で使う形。ニュースに「衝撃を受けさせられた」ニュアンス。

3 stun あまりに驚いてあぜんとする、というニュアンス。気絶させられる感じですね。ゲームだと「スタン」というのは行動不能という意味で使われたりしますね。

 例文:The terrible news stunned everyone into silence. その恐ろしいニュースは皆を静まりかえらせた。 →「the terrible news」がstunさせた、という訳です。

4 surprise 不意をつく、というニュアンス。驚かすという意味ではよく使われます。

 例文:I surprise a rival. 私はライバルの不意をついた。

 例文:We were surprised by the accident. その事故は私たちを驚かせた。→おなじみbe動詞+過去形で受動態に。よく使われる形。

5 alarm 危険を知らせる、怖がらせるといったニュアンス。主に危険を知らせたりする際に使います。

 例文:The sound of an explosion from the bomb alarmed the office workers. 爆弾からの爆発音で、オフィスで働いている人は恐怖を感じた。

まとめ。

驚きの表現も様々。

最も使うのはsurprise。主語によって、受動態か能動態か使い分け。感嘆したらamaze。嫌なことはshock。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA