英語勉強→動詞→be動詞


今回はbe動詞編。英語学習で最初に習う、基礎の基礎ですね。

それだけに、きちんと抑える必要があります。

be動詞をあえて日本語に訳すと「□は〇〇である」つまり「イコール」と訳すのが普通です。

 例文:I am a soccer player. 私はサッカー選手です。→主語である「I」と「a soccer player」を結ぶ「am」がbe動詞。

そしてbe動詞では、主語の「状態」や「性質」を表すこともできます。

 例文:He is reading a book. 彼は本を読んでいます。→主語である「He」が「reading a book」している状態を表しています。

なお、be動詞は主語によって形が変わります。理由はわかりません…そういうもんだとしか(笑)

それぞれの変化は以下のとおり。現在形(短縮形)と過去形(短縮形なし)で変わります。

主語:Iの場合 現在形:am 短縮形:I’am 過去形:was

 例文:I was having to a lot work. 仕事が忙しくなった。

主語:youの場合 現在形:are 短縮形:You’re 過去形:were

 例文:You are a nice tennis player. あなたは素晴らしいテニス選手です。

さて、三人称 (I,you以外) の場合は以下のとおり。単数か複数かで、形が変わります。

主語:三人称単数(He、she等)の場合 現在形:is 短縮形:He’s She’s 過去形:was

主語: 三人称複数(they)の場合 現在形:are 短縮形:They’re 過去形:were

以上です。

まとめ。

be動詞は英語の基本。私は〇〇である、といったイコール、状態、性質を表す際に使います。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA