鍵赫 第7話「ゲマ女子の鍵」


第6話の閲覧ありがとうございます、励みになっております。引き続きよろしくお願いします。

ゲマ女子編2です。今気付いたのですが、第5話と第6話同じ題名になってましたね…いかんいかん。

こちら月ノ美兎様の配信より着想を得ております。みとあーとなのです。

第6話はこちら。

ーーーーーーーーーーーー

なんてこった。

慶子さんにメッセージを送る暇もなく、「ゲマ女子」とメッセージを続けている。

顔も何も知らない人と、やりとりをするのは疲れるんだが。

「女子でVtuber好きって珍しいよね?」

何気なく話を振ってみる。

返信は早かった。その速度は、早いと言うより張り付いているレベルだ。

こんなSNSのやりとりなんて、片手間でやるものじゃないのか?

「いや、そんなこともないっしょ!うちが知ってるだけでも、何人も女子いるはずだし!」

なるほど。

意識してみなかったが、全部が全部おじさんばかりでもないのか。

まぁ、性別なんていくらでも偽れる気はするけど。

「確かに、僕の友達も女子だけど、このグループにいるし。モモンゴファンも幅広いのかもねぇ」

「ねぇねぇ、あなたはモモンゴちゃんの、どの動画が好きなの?」

そう聞かれると、ちょっと回答に困る。

隙間時間とか、レポートの合間に流し見していることが多いからだ。

どっしり腰を落ち着けて、特定の動画を見るって感じじゃないんだよな。

「うーん、ゲーム実況とかをよく見るね。テトリスとかかな。雑談的に飛び出す言葉が面白いと思ってる」

「わかる~!うちは、時間遡行ものが好きなんだよね!ゲーマーとしてはタブーなんだけど、なんか見てると笑っちゃう!」

へぇ…

時間遡行とは、ゲーム機の機能を指し、いわゆる「ズル」ができる機能のことだ。

ソフトとしてはやり直せないミスでも、ハードの機能としてやり直しができるので、「時間遡行」と呼ばれている。

「ところでさ。あなたは今好きな人とかっているの?」

「ん?急に来るね…」

いきなりのプライベートな質問、それに恋愛についてか。

なんて答えたら良いものか?

文字だけのやりとりだと、温度感もわからないので、余計に困る。

「好きな人っていうか、気になってる人はいるかな」

ネット上の知りもしない相手に本音を漏らしてしまう。

「へぇ!良いね!うちも気になる人がいるんだけど、その人の内面がわからないんだよねぇ…」

ゲマ女子なんて名前なのに、恋はしているのか。

要らないツッコミを入れようかと思ったが、やめておく。

「内面かぁ。それは話したり、付き合ってみないとわからないと思う」

「…それは、内面はわからなくとも、とりあえず付き合ってみろってこと?」

うん?ちょっと気に障ったのかも知れない。

「いや、そういうことじゃないんだ。ただ、あんまり気にしすぎてても、機会を逃すというか…気に障ったらごめんね!」

返信来なくなるかな…やってしまったかも知れない。

しかし自分自身が大胆にいけないくせに、人にはまぁ気楽に言えたもんだ。

…返信は相変わらず即だった。杞憂だったらしい。

「あ、そういうことか!対面してないと、難しいねぇ!うちも頑張ってみるよ!そうだ、折角仲良くなれそうだし、相互フォローしない?」

「うん、いいよ」

何はともあれ、僕は「ゲマ女子」の鍵アカウントとも相互フォローに。

どうでもいいが、あと絡んだことのない鍵アカウントは一人だけとなった。

いい加減寝ないと、明日がやばい。

無理矢理気持ちを落ち着かせ、目をつむるのだった。

ーーーーーーーーーーーー

以上です。

みとあーとなので、月ノ美兎様の関連商品を紹介する義務があるのです!

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA