鍵赫 第6話「ゲマ女子」


第5話の閲覧ありがとうございます、励みになっております。引き続きよろしくお願いします。

モモ好きおじさんは既攻略、あと2アカウントです。

そろそろ忘れられてそうなのですが、こちら月ノ美兎様の配信より着想を得ております。みとあーとなのです。

第5話はこちら。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

昼間。

いつものように食堂で時間を潰していると、慶子さんが話しかけてくる。

もはや緊張感も大分なくなってきたわけだが、それでもなんとなく意識してしまう。

「ねぇねぇ、昨日さ。例のグループチェックした?」

「昨日?一応見たけど…モモ好きおじさんって人と話してたな。それ以外は見れなかったよ。…何かあったの?」

彼女はうんうんとうなずきながら口を開く。

「そうそう、光弘君さ。おじさんとずっとやりとりしてたよね!」

ん?

プライベートメールのはずなのに、なんで知っているんだろう?

そんな僕の疑問を察したのか、彼女は話しを続ける。

「私、実はモモ好きおじさんとは相互フォローなのよ。今朝メールが来てて、何かと思ったらさぁ!モモンゴ好きの男の子と友達になれたって、大喜びだったのよ!」

そういうことか。

なら、個人的なやりとりを彼女が知っていることにも合点がいく。

「ああ、そうなんだね。僕は…」

「あ、ごめん!もう行かなきゃ!」

言いかける僕を余所に、慶子さんは食堂を出て行ってしまった。

うーん。

なんとなくつかみどころがないよな、慶子さんって。

まだまだ仲良くなっていない証拠なのかも知れないけれど。

その夜。

今度は、「ゲマ女子」というアカウントからメッセージが届いていた。

だから、僕は慶子さんと話したいんだって。

そう思いながらも、「ゲマ女子」と名乗るくらいだ、さすがに女の子なんだろうけれど。

「あなたは最近入った人?」

いきなりこの感じか。

インターネットの距離の詰め方って、よくわからない。普通初めましてじゃないのか?

「そうです、周央モモンゴファンの友達に誘われて、最近入りました。」

つい慶子さんを「友達」と表現してしまったが、まあ問題ないだろう。

「知人」だとあまりにもよそよそしい気もするし。

「そっか!うちは名前のとおり、ゲーマーなんだけどぉ!モモンゴちゃん可愛いよね!」

そりゃそうだよな、「ゲマ女子」なんだから。ゲーマー以外の由来があるとは思えないわな。

「ゲーマーなんですね、僕も時々やりますよ~」

適当に返事を返しておく。今日こそは、慶子さんに辿りつくんだ。

たかがメッセージを送るだけだが、なんとなく険しい道を進んでいる気がしてきた。昨日といい今日といい、余計な茶々が入り過ぎる。

「え、そうなん!?うちはシミュレーションRPGよくやるよ!ってか、ため口でいいよ!」

「RPGか、女の子では珍しいんじゃない?それじゃ、ため口でいくよ。」

…ダメだ。

また、このまま夜が更けそうだな…

ーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。

これはみとあーとです(定型文)

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA