鍵赫 第5話「モモ好きおじさん」


第4話の閲覧ありがとうございます、励みになっております。引き続きよろしくお願いします。

やっと出たよ鍵アカ三人衆。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

その後大学での平凡な一日を終え、帰宅した。

しかしやけに機嫌がよさそうだったな、慶子さん。

僕に気があるのだろうか?

そんな勘違いをしてしまいそうになるが、自惚れているだけかも知れない。

経験上期待が外れたら、裏切られたときのダメージは大きくなる。

僕は、自分が傷つくことを極端に避ける癖がある。

悲しい性だが、自分で分かっていても、何かと言訳をつけて人を避けてしまう。

好意を持ってくれているだろうと気を許しても、彼氏がいたりするのだ。

だけど、慶子さんにはもっと積極的になってみるべきだろうか?

あんなに話しかけてきてくれる女性なんて、彼女しかいないわけだし。

僕はスマホを取り出し、例のグループを開く。

すると、メッセージが来ていることに気付いた。

「君もモモちゃんが好きなのかい?」

そのメッセージは、例の鍵アカ三人衆の一人、「モモ好きおじさん」からだった。

…なんだよ、慶子さんじゃない、しかもおじさんかよ。

幾分テンションは下がったが、しかしこのグループでは初めてのメッセージだ。

無視するのも人の道に外れている気がするし、適当にあしらおう。

そう決めた僕は、当たり障りのないメッセージを返す。

「初めまして!モモちゃんファンです、知り合いからグループに誘われたので、昨日入りました。」

送信したそばから、返信が来る。

どうやらよっぽど暇なおじさんのようだ、僕はプロフィールで男性を明記しているのにな。

「そうかい!一緒にモモちゃんを盛り上げようねぇ!ところで、君は彼女がいるのかい?」

…なんだ、藪から棒に。

いきなり恋人の有無を聞くか?それも同性に。

「いや、いないですけど…何か問題あるんですか?」

僕はややムッとしながら返信する。本当は慶子さんにメッセージ送りたかったのだけれど。なんでこんなおっさんに…

「すまないね!別に他意はないんだよ。そうかそうか、君も独り身か、私も独り身でね^_^;」

…典型的なおじさん顔文字じゃないか。

今時本物のおじさんを拝むことになるとは思わなかった。

もう良いか、このおじさんへの返信は。

「どうだろう、君が良かったら相互フォローしないか?私は鍵アカウントでね、フォローしてくれないと私のメッセージを君は認識できないんだよ。」

…こんなに早く相互フォロー関係になるのか?

その鍵アカ、むしろ意味があるのか疑問に思いつつ。

特に断る理由もないので、相互フォローになった。

見事おじさんのアカウントを開けることに成功したわけだが、全く感慨深さはなかった。

気付けば、夜も12時を回っている。

僕はスマホを充電器につなぐと、ベッドに潜り込んだ。

明日こそ、慶子さんにメッセージくらい送るか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。

これはみとあーと、これはみとあーと…!

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA