鍵赫 第4話「鍵アカ」


第3話の閲覧ありがとうございます、励みになっております。引き続きよろしくお願いします。

鍵アカウントって、なんとなく近寄りがたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

慶子さんからグループに誘われた翌朝。

僕は、いつもの如く大学に向かった。

午前中の講義を終え惰性で食堂に向かう。

食堂で昼食をとることに意味もないのだが、なんとなく一人でいることに耐えられない僕は、せめて人混みの中に自分を置こうとしていた。

人混みの中の孤独の方が、人がいない状況での孤独より辛いと言われるけど、僕はそうは思わない。

雰囲気だけでも、賑やかな環境に身を置きたいのだ。

とりとめもないことを考えていると、慶子さんが食堂に入ってくる。相変わらず綺麗な身なりだ。

グループに誘われた後だし、なんとなく意識してしまう。

そんな僕の気持ちを察知したのかはわからないが、慶子さんは話しかけてきてくれた。

「光弘君、こんにちは!昨日はありがとうね!」

話しかけて来るのはわかっていたはずなのに、やはり同年代の女子に話しかけられると緊張する。

声が上ずらないように気をつけながら、返事をする。

「こんにちは、昨日はありがとう。グループ入れたよ、今後ともよろしく。」

「うんうん、よろしくね!グループの人数はまだ少ないんだけど、盛り上げていこうね~」

慶子さんはそう言いながら、僕の隣に座った。

まだ話すことがあるのだろうか?

美人の彼女ができたようで僕は嬉しかったが、なんとなく周りの視線が気になって落ち着かない。

自意識過剰というやつだろうけど。

「そういえば…」

僕は、鍵アカについて聞いてみることにした。

「あのグループ、鍵かけている人もいるよね。なんでだろ。ファングループなら、鍵かける意味もないだろうし…」

「あぁ、何人かいるよね。3人…だったかな?私も全員と知り合いってわけじゃないから、詳しくは知らないんだけどね~」

「知り合いじゃない人もいるんだ。まぁそりゃそうか…」

なんとなくだが。

彼女の表情が一瞬曇ったように感じた僕は、話題を変えようとした。

「昨日のモモンゴちゃんの配信見…」

「光弘君。鍵アカってさ、なんとなく覗きたくならない?私は気になっちゃうほうなんだよねぇ」

不意に遮られ、僕は慌てて話を合わせる。

「あぁ…まあ、なんとなく後ろめたいとか、人に言えないことがあるのかな、とは思うけど…無理矢理みたいとは思わないかな」

しまった。

適当に鍵アカに興味があるようにすれば良かったか。

つい、自分自身があまり干渉されたくない性格なこともあって、否定的な返事をしてしまった。

「うんうん、無理矢理は良くないよね!」

慶子さんはそう言うと、僕を覗き込む。相変わらず綺麗な瞳だが、見透かされそうで空恐ろしくもなる。

「じゃ、またね!」

彼女は機嫌が良さそうに、食堂から去った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。やっと…序盤終了!

あと5話くらいで完結予定です。

そしてこれは「みとあーと」なので、何回でも月ノ美兎様の商品を紹介するぞぉーーーー!

月ノさんのノート

読んでいただきありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA