鍵赫 第2話「好きな動画は…」


第1話の閲覧ありがとうございます、励みになっております。

ぶっちゃけハッシュタグ「みとあーと」に該当しない気がするんですが、今のところ苦情はきていません。

そんな第1話はこちらから。

例によって、月ノ美兎様のご発言より着想を得た恋愛小説です。

第2話、「好きな動画は…」はじめます。

-----------

どんな動画見てる、か。

正直、僕みたいな人間が回答するのに一番気を遣う質問だ。

まだ好きな芸能人とか、アイドル聞かれた方がマシ。

あんまり知らない、で済ませられるからだ。

だが、動画サイトを見てると答えた手前、答えないわけにもいかない。

「うーん…マイナーなのばっかりだよ。たぶん、慶子さんは知らないと思うけど…」

僕は、あからさまに拒絶してみせた、つもりだった。

「へぇー!マイナーなのが好きなのね。私はけっこうオタク趣味なんだよ、最近はVtuberなんか見てる!」

「え…Vtuberって、あのバーチャルの人?」

「そうそう、知ってるの?」

あまりにも予想外な、慶子さんの発言にあっけにとられた。

こんな普通の、いやきれい目な女子大生がVtuberを見る時代なのか。

てっきり女子大生が見るのは有名な配信者、まああっても歌い手くらいだろうと思ったが…

「僕もVtuber見てるよ。ゲーム実況とか雑談とか、ながら見できるから。」

慶子さんは目を輝かせ、その綺麗な顔をますます近づける。

その瞳に吸い込まれそうな感覚を覚えつつ、僕は質問する。

「慶子さんは、ちなみに誰の配信を見てるの?」

「私はねぇ~…いろいろ見てるけど、最近は周央モモンゴちゃんかな!」

「え!?モモンゴちゃん?噓でしょ?」

僕はこれまで20年近く生きてきたが、一番に近いくらいの心理的衝撃を感じた。

周央モモンゴ。

流行りのVtuber業界の中でも、かなり異質な存在だ。

見た目は可愛い女の子だが、口を開くと超高速で呪文のようにオタク趣味を展開する、独自路線を突き進む配信者。

はっきり言って、ディープな層しか見ないだろう。ライト層なら、たぶんついていけない。

しかし、奇しくもそれは、僕の推しでもあった。

「…僕もモモンゴリスナーだよ、可愛いよね。でも、めちゃめちゃマニアックじゃない?」

慶子さんは、その大きな瞳の瞳孔を、これでもかと大きくする。生理的な反応のはずだけど、自在に操っているかのように。

「マニアックなのがいいんじゃない!でも君も好きなんて、なんか運命的じゃない!?グループ誘っていい?一緒に推し活、しようよ~」

僕に断る理由もなく、「幸せの文鳥」を開いた。

-----------

以上です。次回第3話です!

こちら神本、是非。飛びます。

ちなみに周央モモンゴさんのモデルは、周央サンゴ様です。好き。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA