最終話「鍵赫」


第9話の閲覧ありがとうございます、励みになっております。引き続きよろしくお願いします。

いよいよ最終話。3人の鍵アカウントを解除したところ。

ラストになりますが、ラストでも言います。こちら月ノ美兎様の配信より着想を得ております、みとあーとなのです!

前話はこちら。

最終話「鍵赫」

ーーーーーーーーーーーーーーー

明くる日。

すべての鍵アカウントを解除することに図らずも成功した僕は、今日も大学に来ていた。

ほとんど毎日夜更かしをしていたが、不思議と疲れは感じない。

それどころか、毎日他人と交流することで脳が活性化されているような高揚感で、すこぶる体調が良い。

食事をとっていると、慶子さんが近づいてくる。

「こんにちは、光弘君」

「こんにちは、慶子さん。昨日はごめんね」

僕は、昨日の非礼を詫びた。

非礼と言うには大げさな気もするが、とにかく謝りたかった。

「いやいや、大丈夫だよ~!忙しい時もあるでしょ?」

僕は、ある疑問を彼女にぶつけることにした。

それは「鍵アカはすべて彼女のものじゃないか?」という疑問だ。

決定的な根拠はない。

だがなんとなく、話が出来すぎている気がする。

特に違和感を抱いたのは昨日。

なぜ彼女が、僕のオンライン上の動きを把握できるのか?

オン・オフラインがわかるにしても、誰かとやりとりをしていると思うのはおかしい。

普通に考えれば、鍵アカウントが彼女と同一人物だと考えるのが妥当だ。

SNSのアカウントなんていくつでも作れる時代だし。

「ねえ、昨日なんだけど…慶子さんってアカウント複数持っているよね?」

慶子さんは観念したような表情で、うつむいた。

「いや、責めてるわけじゃないんだ!」

つい声を荒げてしまう。

「うん…バレちゃったかぁ…」

慶子さんは僕の隣に座ると、話を続ける。

「実は、あのグループにいた鍵アカ、全部私なんだ…」

やはりそうなのか。

しかし全部が全部、慶子さんだったとは思っていなかったが。

「そうなんだ…でもなんで、鍵アカなんか使って僕に話しかけてきたの?」

「…光弘君がどんな人か、知りたかったの…でも最初から直接話すのは怖かったから、鍵アカを使ってみたの」

なるほど。

回りくどい気はするけれど、慎重になる気持ちはわかる。

「性的虐待を受けてたって話、ホントなの。だから男の人を見ると震えちゃって…でも、光弘君と話してても、震えなかったの。だから、もっと知りたくて」

「…そうなんだね…話にくいだろうに話してくれてありがとう」

僕は彼女に感謝を込めて、その目を見つめた。

こんな僕に興味を持ってくれている。

それだけでも幸せだ。

その思いに報いたいと思う。

…しかし。

本当の彼女の人格はどこにあるんだろう?

本当の彼女を、僕は見つけられるのだろうか?

どの人格が素の彼女なのか?

恐らく、一生わからないのだろう。

でも、そんなことはどうでもいい。

僕は彼女を精一杯幸せにしたいのだ。

その気持ちに嘘はない。

「さあ、行こう。これからもっとお互いを知らなくちゃ!」

僕は彼女の手を取り、一緒に食堂を後にした。

ーーーーーーーーーーーーーーー

祝完結!

以上です。

ラストだし、みとあーとだから、美兎様のグッズを紹介するぜ!

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA