人狼ジャッジメント小説~9人地獄編~3日目夜


3日目夜。果たして処刑されるのは…?前回記事はこちら。

----

投票が始まる。参加者は次々と投票を済ませていく。

チャン「霊能者である私が開票しよう」

マイクとスーザンは黙っている。

チャン「投票結果は…スーザンが5票。マイクが3票だ。スーザンが処刑される…ことになった」

スーザンは青ざめた顔で叫ぶ。

スーザン「なんで…どうしてよ!私がどうやって二人を殺したっていうのよ!!!許さないわ!」

マイク「しかしルールはルールだ!俺だって殺人なんてしちゃいねぇ!」

トーマス「落ち着くんじゃ!」

スーザン「落ち着けるわけ無いでしょ!?」

スーザンはなおも抗議する。

アンナ「私は…もうわかりません…」

フェイ「ほんとうに処刑するの?一体誰が出来るの?」

重い沈黙が流れる。

ジェイ「私がやりましょう…狩りには慣れているし、銃の心得もあるつもりです」

スーザン「嫌よ!この人殺し!」

ロディ「なんだよ、そんなに嫌がるなんて。本当に人狼なんじゃないの?」

チャン「それは処刑してみないとわからないはず…だが」

マイク「さっきから人ごとみたいにいいやがって、クソガキが…!」

アンナ「マイクさん、クソガキだなんて…怖いです」

ジェイ「そうだよマイク君。今日は、スーザンさんが人狼だと信じて…処刑するしかないんだ」

チャン「ジェイさん…処刑をお願いする」

トーマス「うむ…やむを得んじゃろう。アンナ、フェイ、ロディは部屋から出るのじゃ」

アンナとフェイは部屋から出る。ロディは部屋に残るようだ。スーザンの叫び声だけが響いている。

銃声が一発。

処刑が終わったのだろう、スーザンの声は聞こえなくなった。

チャン「最悪だ…なんでこんなことに…」

トーマス「…今日も夜に占おう。これで最後だといいのじゃが…」

ロディ「偽物はもういいですよ。トーマスさん。僕が占います」

マイク「疲れた…今日は休ませてくれ」

ジェイ「マイク君…気を確かにな」

チャン「アンナちゃん、フェイちゃん。君たちも今日は休みなさい…」

3日目の夜が終わる。あと屋敷に7人。人狼は果たして…


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA