人狼ジャッジメント小説~9人地獄編~3日目の昼


3日目昼。いよいよ人狼パートです。前回記事はこちら。

----

残るは8人。3日目の昼。

トーマスの提案に、チャンが賛同する。

チャン「トーマスさんのいうとおりだな。今日は人狼を処刑しなければならない。…でなければ、さらに犠牲者が出るかもしれない」

ロディ「なになに?チャンさんやトーマスさんは人狼じゃないっての?信じられないよ」

ロディはそう言って、話を遮る。

トーマス「そうじゃのう…今日は、まずお互いの役職を公表するのはどうじゃろうか」

ジェイ「そうですね。しかし、狩人は名乗りでるべきではないと思います。人狼に襲われてしまいますから…」

ジェイは諭すようにそういった。

チャン「そうだな。ちなみに私は霊能者だ。処刑はしていないから、能力はまだ発揮していない」

ロディがすかさず手を挙げる。

ロディ「僕は占い師だよ。昨日はフェイを占ったよ。人狼でないんだって」

トーマスが怪訝な顔をする。

トーマス「…ロディ君、冗談かな?儂が占い師だぞい。昨日はマリアンヌさんが人狼でないと出た…が、残念なことになったのう…」

マイク「なんだと?占い師って一人だよな?なんで2人も出てくるんだ!どっちかが嘘ついてるってことか?」

マイクが苛立ちを隠せないといった表情でロディをにらむ。マイクとロディは犬猿の仲になりつつある。

ジェイ「そうなるね、マイク君。どっちかは人狼か、狂人というやつだろう」

アンナ「…あとは、役職は言わないほうが良いですね。消去法で狩人がバレてしまいますから」

フェイ「そうだね。とりあえず私は人狼ではないってことで。人殺しなんて出来ないよ」

スーザン「ちょっと待って。こんなことでどうやって人狼を見つけるつもり?」

チャン「…占い師のうち1人は嘘つきだろう。マリアンヌが占い師でなければ、だが」

ロディ「僕が占い師だって!」

ロディが必死に主張する。

マイク「ロディ、ちょっと黙ってろ。なあチャンさん。ひとまず霊能者は一人、あんただけだ。つまり、チャンさんだけは村人陣営ってことになる。進行をお願いしたい」

アンナ「賛成。ロディもトーマスさんもどっちかわからないし、チャンさんしか頼れないし」

チャン「そうしよう。村人は私の指示に従ってくれ。今日の方針を考えよう」

そういうと、チャンは考え込む。

チャン「ひとまず、占い師はどっちが本物か区別がつかない。フェイちゃんはロディ君に占われて人狼でないと出ている。今日の処刑候補からは、フェイちゃんは除外だ」

ジェイ「ふむ…そうなりますな。となると、私とマイク君、スーザンさん、アンナちゃん。この4人からになりますな」

スーザン「うーん。よくわかんないけど。私は死にたくないわよ?昨日最初に発見したのはトーマスとフェイだし、今日はアンナが第一発見者でしょ?なら、この3人が怪しいんじゃないの?」

アンナ「そんな、スーザンさん!私が人殺しだなんて!」

フェイ「そうよ、アンナも私もまだ子どもよ?スーザンこそ怪しいじゃない!死にたくないだなんて、おかしいわ」

スーザン「なんですって!?」

マイク「…俺もフェイは怪しいと思う。今疑われた反応が、人狼が慌ててるようにも見えたぞ」

ジェイ「…私は逆ですな。マイク君を怪しんでいる。人を殺せるような人間には、アンナちゃんもフェイちゃんも見えないんだ」

マイク「なんだと?証拠でもあるのか?俺から言わせれば、ジェイさんだって人殺してそうだぜ?」

議論は過熱していくが、決定的なものではない。

皆、命のやりとりに必死になっている。投票箱と拳銃を見れば、それも当然だろう。

チャン「…なかなか見えないもんだな。占い師の2人はどう思う?」

チャンはトーマスとロディに話を振る。

ロディがまず声を上げる。

ロディ「うーん。僕が真の占い師だから、フェイは人狼じゃないよ。あと、アンナが人を殺せるとも思えない。だから、マイクとスーザンさんじゃない?」

トーマス「儂がマリアンヌさんを占った理由じゃがな。マリアンヌさんが一番口数が少なく、心が読めんかったからじゃ。正直、こんな惨劇になるとは思ってなかったんじゃがのう…」

そういうと、トーマスは深くため息をつく。

トーマス「儂はフェイが人狼とは思えん。可愛い孫娘じゃ、そんなことはできやせん」

チャン「そうですか…」

マイク「トーマスさん。あんたから見て偽物のはずのロディが言うことを、擁護するのか?」

トーマス「いや、占い師は儂じゃ。だが、フェイに殺人ができるとは思えんというだけじゃ」

チャン「わかった。今日は、マイクかスーザンのどっちかを処刑すべきという意見が多いようだが。それでいいか?」

スーザン「ちょっと!なんで私なのよ!殺されたくないわ!ジェイはどうなのよ?」

マイク「俺もだ。人殺しなんてしちゃいない!」

アンナ「でも…人狼を処刑しないと、殺されるかも知れないんですよ!」

チャン「2人のうちに、狩人がいるなら名乗りでて欲しい。狩人を殺すわけにはいかない」

マイクもスーザンも首を振る。

チャン「では…この2人の中から皆選んでくれ。私が1人を選ぶことはしたくない…処刑者は屋敷の総意で決めたい」

時刻は17時。投票の時間を迎えた…


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA