人狼ジャッジメント小説~9人地獄編~2日目昼


2日目昼編。前回記事はこちら。

----

折しも猛吹雪が続く屋敷。時刻は正午となっていた。モビーの遺体を外に出したことで、惨劇の余韻も収まりつつあった。

スーザン「朝からなんにも食べていないな…」

スーザンはそういうと、冷蔵庫を覗きこむ。大型の冷蔵庫には、しばらく食べていけるであろう大量の食料が並べられたいた。

フェイ「そうだね…落ち着いたらおなか減っちゃった…」

トーマス「フェイや、少しは落ち着いたようじゃな。粥でも作ろうかのう…」

トーマスは食事を作る作業に入る。

マリアンヌ「…では私も…」

マリアンヌはそういうと、冷蔵庫から食材を取り出す。

チャン「ジェイさん。この状況どう思う?」

チャンは、比較的常識人に見えたジェイに問いかける。

ジェイ「まさか、この中に殺人鬼がいるとは…思えませんが。惨たらしい死体をみたでしょう?あんなことが出来る人間はいませんよ。ひとまず天候の回復を待ちましょう。人狼ゲームなぞ放っておけばよいでしょう。」

そういうと、ジェイは椅子に腰掛ける。

チャン「…なんとも暢気ですなぁ…しかし明日になったら、天気が回復するかも知れない。それまでなんとか過ごしますか…」

チャンはジェイの隣に座ると、疲れたらしく背もたれに寄りかかった。

ロディ「ねえねえアンナ!こんなことになるとはね!ちょっと楽しくない!?」

ロディは楽しげにアンナに話しかける。

アンナ「あなた何言ってるの?モビーさんが死んでるのよ?信じられないわ…」

アンナはロディの態度にあきれたように首を振る。

マイク「おい…ロディ?お前まさか…人狼じゃねえだろうな?」

マイクは鋭い目でロディをにらむ。

ロディ「ええ?まっさか。あんなのゲームの話だろ?それに僕は人狼じゃないよ。君こそ乱暴な態度だけど、なんか怪しいよ?」

マイク「…なんだと?」

マイクとロディが互いに喧嘩腰になるのを、スーザンが止める。

スーザン「ちっ、揉めてんじゃないよ!こっちは状況がわからなくてイライラしてんだ、ケンカなら外でやんな!」

それを聞くとマイクとロディは、距離を置いた。

トーマス「皆さん、簡単なものじゃが食事が出来たぞい。少し落ち着いて腹ごしらえでもしよう」

全員空腹だったらしく、ロビーで食事が始まった。

チャン「さて、これからのことですが。食事が終わったあとも、皆さんこのまま極力ロビーにおりましょう。お手洗いなども2人以上で行くように」

チャンは食事をとりながら提案する。今朝の惨状の後だ、誰からも異論は出なかった。

マリアンヌ「ところで…お料理している時にこんなものを見つけたのですが…」

マリアンヌはそういうと、投票用紙と投票箱、それから拳銃を食器棚から取り出した。

マイク「おいおいそれは…本物の拳銃か?」

ジェイは拳銃を手に取って確かめる。

ジェイ「…本物だ。弾も実弾のようだね…」

アンナ「え…どういうことなの?さっきの投票による処刑ってまさか…」

フェイ「まるでホラーみたい。でも、そうしろってことなのかもね…」

スーザン「そんな…人殺しをしろっての!?ふざけんなよ!」

明らかな動揺が一同に走る。

トーマス「これ、落ち着きなさい。人狼ゲームの投票なんてする必要もないじゃろう。しかしこの中にモビーさんを襲った犯人がいるやも知れぬ。儂らにできることは、これ以上犠牲者を出さないよう、集団行動をするだけじゃろうが?」

チャン「トーマスさんの言うとおりだ。この話はもうよそう。夜になって部屋に戻るまでは、集団行動をお願いする」

そう言い終わると、チャンは食事を続ける。

投票などせずに夜を迎える。

2日目の昼、議論の時間はそれで終わった。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA