人狼ジャッジメント小説~9人地獄編~2日目夜と3日目の朝


2日目夜と3日目の朝、通算4話目です。前回記事はこちら。

----

結局、その日の投票は行われず、無論処刑される者も出なかった。

夜になり、夕食を終えると、各々の部屋に戻ることとなった。

これは互いのプライバシーと、男女の性差を配慮しての総意で決定されたことだ。

…屋敷に犯人がいなければ、もう誰も犠牲にはならない…

そうなるはずだった。

----

三日目の朝を迎えた屋敷。

アンナ「きゃあアアアアア!いやあああああ!」

アンナの叫び声で、朝の静寂は破られる。

チャン「どうした!?」

チャンが慌ててロビーに入ると、そこには。

…変わり果てたマリアンヌの姿があった。

衣服ははだけ、豊かな胸が露わになっており、流血に染まっている。

その体はモビーと同様、凶暴な肉食獣に襲われたように引き裂かれていた。

チャン「まさか…なんてことだ!」

チャンはそうつぶやくと、カーテンをマリアンヌの遺体にかける。

程なくして、8人がロビーに姿を表す。マリアンヌを除いた全員が揃ったことになる。

トーマス「チャンさん、まさか…」

ジェイ「…待ってください、また犠牲者が出たとでも?」

マイク「ジェイさん、見りゃわかるぜ。こうなったらもう、この中に…人狼がいるんだろうな」

チャンは黙っていた。

フェイとアンナは抱き合い、震えている。

スーザンは二人に声をかける。

スーザン「あんたたち、大丈夫?」

フェイ「な…なんなの?一体何なの、これは!?」

スーザン「あたしが聞きたいよ…」

ロディ「ねえ…チャンさん。もうこれは人狼がこの中にいるとしか思えないんだけど?」

ロディの問いかけに、チャンはゆっくりと頷く。

チャン「こうなったらそう考えるしかないだろう。人狼がこの中にいて…このままだと皆殺される」

トーマス「そうじゃのう…全員、話を聞いてくれるかのう?」

全員がトーマスに注目する。

トーマス「まだ吹雪がやむ気配はない。もはやこの中に人狼がいるものと考えるべきじゃろう。これから、ゲームブックに則って話合いをはじめようぞ。人狼は儂らの手で退治するしかあるまい」


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA