ああ穴掘軍隊、弾痕物語~俺の臀は貴様と共に~第10話


第10話。二人の秘策とは…?前回記事はこちら。

----

どうにか誤魔化して、この場を乗り切る。

それが二人の出した結論だった。

「僕も丁度考えていたところさ、三四郎君!」

三四郎が声を潜める。

「し!そんなデカい声で言うなよ…」

「あ、ごめん」

二郎はすまなそうに俯く。

「しかし、どうしよう。こんな状況じゃあ…その、自慰も出来ないと思わない?」

二郎が不安そうに三四郎を見る。

「まあな…しかし、やるしかねえだろ?」

三四郎はそう言うと、二郎から視線を外して外を見る。

「見たところ、窓から覗いてるような素振りもないな。そんなに暇じゃなさそうだ」

続いて三四郎が部屋を見回す。

「それに、監視カメラらしいものも見当たらねぇ。まあ、大丈夫だろ」

二郎も通路側の窓を確認する。

「うん、こっちも大丈夫そうだね。しかし…問題は証拠だよなぁ…」

三四郎が頷く。

「まあな。こんな状況で出せりゃあ、世話はねえよな…だが、考えようぜ」

二郎も考えたが、良い案は浮かびそうに無かった。

「三四郎君、ジャンケンで負けた方がさ…二人分出して、提出するってのはどうかな?」

「はぁー!?」

三四郎は驚きのあまり、素っ頓狂な声を上げる。

「いやお前なぁ…」

言いかけて、三四郎はやめる。それしか手が無いことに気付いたらしい。

「あー…まあそれが一番早いか。二人分ってのはキツイから、1回出して、それを分け合おうぜ?」

二郎は受け入れられたことに安堵する。

「よし、そうと決まったらジャンケンだ。最初はグー…」

二人は声を合わせる。

「ジャンケンポン!」

結果は、三四郎の負けだった。

「マジかよ…ちょっと待ってろ、絶対こっち見るなよ?」

三四郎はうなだれながら、部屋の隅に移動した。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA