ああ穴掘軍隊、弾痕物語~俺の臀は貴様と共に~第3話


第3話。無事教育所に案内されることとなった二人。前回記事はこちら。

ーーーー

穴堀軍の教育所。

つい先日クーデターを成功させたばかりの軍隊だけあって、教育所は異様な熱気に包まれていた…

二郎の三四郎は、案内の軍曹に連れられて、入門する。昨日募集所で対応した軍人とは、また別の人間だ。

「お疲れ様です!」

門番が元気よく軍曹に敬礼をする。

「おう、ご苦労さん!」

軍曹は答礼を返すと、教育所の中をズカズカと歩いていく。

遅れまいと二人も慌てて追いかけるが、早歩きでも着いていくのがやっとだった。

「ふう、随分速いな。三四郎君、大丈夫かい?」

二郎は声をかける。

「ふん。これくらい余裕だろ…」

三四郎は強がって二郎に答える。

そんなやりとりをするうちに、教育所の中でも一際目立つ建物に辿り着いていた。

「おう、坊主たち!こっちこい!」

軍曹はそう声をかけると、その建物に入っていく。

建物の周りでは、いかにも屈強そうな男達が屯していた。

軍曹は二人を部屋に案内すると、説明を始める。

「いいか、今日からここが坊主たちの部屋だ。おっと、君達と言った方が上品か。そこにロッカーがあるから、自由に使え」

軍曹はそういいながら、ロッカーからダンボールを取り出す。

「そしてこれが、君達の制服やらだ。穴堀軍は規律にうるさいからな。これからしっかりするように!」

二郎は、部屋にベットが三つあることに気付く。

「はい!軍曹殿、ありがとうございます!ところで、ここは三人部屋、でありますか?」

軍曹は笑って頷く。

「お、よく気付いたな!察しがよろしい。そのとおり、俺もこの部屋に住む。まあ君達の御目付け役ってところさ。なんでも聞いてくれ」

三四郎が口を挟む。

「へえ…軍曹殿がわざわざ、新人と一緒に生活するんですか?」

軍曹は答える。

「ああ、普通はもっと若いやつがいるんだけどな。先の内乱で、出払ってるのさ。我慢してくれ」

三四郎は納得がいった様子で頷く。

「さて、まだ自己紹介をしてなかったな?俺は北島軍曹だ。こう見えて三十歳だ、よろしく」

北島はそういうと、二人に握手を求めた。

二郎も三四郎も、北島の鍛え上げられた手に驚きつつ、応じたのだった。

これが、軍人の手か。二郎はぼんやりと憧れを抱いたのであった。

「じゃ、二人とも荷解きして、準備が出来たら教えてくれ。今度は訓練所に案内してやる」

そういうと、北島はベットに寝転んだ。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA