Грустная любовь:ウクライナ✕ロシアの恋愛小説 第6話


平和を願って、私は一昨日も今日もBL小説を書くのです…!

停戦交渉に応じるらしい姿勢を見せつつある…らしいですけれども…

雪解けで戦車が使えない説と、物資が足らなくて習近平頼み説も出てますね。

第5話はこちらから!

キャラ設定等はこちら。

ウクライナ:ソ連家の次男。開放的な性格だが、力は弱い。しかし、イチモツがめちゃくちゃデカい。一人称は俺。

ロシア:ソ連家の長男。気難しい性格。力が強い。アナルは弱い。激弱。一人称は僕。

ソ連家:ウクライナとロシアが育った家。名家だったが、経済的に苦しくなり、一家離散となる。

時代背景:現代において、一家離散となったソ連家。ウクライナとロシアは永らく別々の道を歩んでいたが、事業に失敗したロシアはウクライナを力でねじ伏せ、金を巻き上げようとする。しかし…

では、第5話…よろしくお願い致します。

-----------------------

ロシアによる、ウクライナへの責めは続く。

ロシアの手で、ウクライナは確実に絶頂に近づいていた。

ウクライナ「やめろ、それ以上はもう…!」

ウクライナはそう言うと、必死に体をよじらせ、弱点を隠そうとする。

しかし、ロシアの責めが止まることはない。

ロシア「昔みたいに遊ぼうぜウクライナよ…」

ウクライナ「冗談じゃねえ!こんなの遊びって言えるか…」

ロシアはウクライナ細い体による抵抗など意に介さない。

ロシア「相変わらず華奢で、本当に可愛いなお前は…!」

ウクライナとロシアの体を、LED照明だけが怪しく照らす。

ウクライナの肉棒はすでに怒張しており、先端からは蜜が溢れていた。

蜜に呼応して光が反射し、ロシアの顔を映し出す。

ロシア「すっかり準備はいいようだな?」

そう言うなり、ロシアは臀部をウクライナに触らせる。

ウクライナ「ちっ…気持ち悪い奴め!」

ウクライナはいやいやながらもロシアの尻穴を確認する。

すると、ロシアの方も準備万端、整っていた。

ロシア「いやらしいさわり方してくれるんだな…さすが弟だ…」

ウクライナ「勘違いすんじゃねえ…相変わらずだらしねえ肛門しやがってよ…」

ロシアとウクライナは、気付けばお互いに相手を欲していた。

ウクライナ「じゃあ入れるぜ…仕方ねえ…」

-----------------------

以上です。

BL関連グッズはこちらから!買っていただけたら…幸い!

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA