Грустная любовь:ウクライナ✕ロシアの恋愛小説 第5話


怒られるまでやるこの小説。

平和を願って、私は今日もBL小説を書くのです…!

停戦交渉は無理っぽい。ロシアやばすぎ。

非武装、中立なんて飲めるわきゃねえだろ。

第4話はこちらから!

キャラ設定等はこちら。

ウクライナ:ソ連家の次男。開放的な性格だが、力は弱い。しかし、イチモツがめちゃくちゃデカい。一人称は俺。

ロシア:ソ連家の長男。気難しい性格。力が強い。アナルは弱い。激弱。一人称は僕。

ソ連家:ウクライナとロシアが育った家。名家だったが、経済的に苦しくなり、一家離散となる。

時代背景:現代において、一家離散となったソ連家。ウクライナとロシアは永らく別々の道を歩んでいたが、事業に失敗したロシアはウクライナを力でねじ伏せ、金を巻き上げようとする。しかし…

では、第5話…よろしくお願い致します。

-----------------------

さながらバナナのように、綺麗に剥かれていくウクライナ。

ロシアの手は、不器用だが確実に、ウクライナの芯に迫っていく。

ウクライナ「おい、よせロシア!お前、自分が何をやっているのはわかっているのか!?」

ロシアは薄笑いを浮かべ、手を止めない。

ロシア「わかっているさ…僕は、お前が欲しいんだからな…」

ウクライナは、力でロシアには勝てない。

社交的な性格で明るく、誰とでも仲良くなれるウクライナ。しかし、体力には自信がない。

一方で内向的な性格で、猜疑心の強いロシア。これまで欲しいものは力で手に入れてきた。

そんなロシアとウクライナが体一つでぶつかれば、結果は明白だった。

ウクライナ「やめろ!俺に、そんな趣味はねぇ!」

必死にもがくウクライナだったが、あっという間に産まれたままの姿になる。

ロシア「綺麗だなウクライナ…肌も白くて、まるで宝石みたいだ…」

ウクライナ「気色悪いこと抜かすな、馬鹿野郎!」

鎖骨をなでるロシア。

ウクライナは、男の無骨な指にビクンと反応する。

ロシア「ん…?なんだ、今のは?恐怖か?それとも…」

ロシアはフェザータッチを続け、乳首に至る。

ウクライナ「ぅう!くそ!」

ウクライナは、たまらず喘ぎ声を出す。

ロシアは、その反応をみてにやりと笑った。

ロシア「ウクライナ…お前もまんざらでもないみたいだな?」

ウクライナは体をよじらせる。

ロシア「お前の心は拒否していても、体は違うってことさ…」

-----------------------

以上です。

BL関連グッズはこちらから!買っていただけたら…幸い!


読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA