Грустная любовь:ウクライナ✕ロシアの恋愛小説 第4話


怒られるまでやるこの小説。

今週末になんか起こるとのことですが…

平和を願って、私は今日もBL小説を書くのです…!

戦争にならんといいなぁ…って思ってたけれど、侵攻しましたね…祈り届かず…

第3話はこちらから!

キャラ設定等はこちら。

ウクライナ:ソ連家の次男。開放的な性格だが、力は弱い。しかし、イチモツがめちゃくちゃデカい。一人称は俺。

ロシア:ソ連家の長男。気難しい性格。力が強い。アナルは弱い。激弱。一人称は僕。

ソ連家:ウクライナとロシアが育った家。名家だったが、経済的に苦しくなり、一家離散となる。

時代背景:現代において、一家離散となったソ連家。ウクライナとロシアは永らく別々の道を歩んでいたが、事業に失敗したロシアはウクライナを力でねじ伏せ、金を巻き上げようとする。しかし…

では、第4話…よろしくお願い致します。

-----------------------

ロシア「ここでは話づらいな…どこか静かに話せる場所がいい…」

ウクライナ「なるほどな。なら、俺の泊まってるホテルでいいか?」

ウクライナはロシアを案内し、自室に招き寄せた。

ウクライナにとってロシアは実の兄だ、警戒をつい解いてしまう。

部屋に入るなりロシアは、ウクライナを壁に追い詰める。

ロシア「なあウクライナ…僕の欲しいものがわかるか…?」

ウクライナは頭を振る。

ウクライナ「なんだよ兄貴…?いきなり詰めてきやがって!」

ウクライナはロシアをはねのけようとするが、力が違った。

華奢なウクライナに対して、ロシアは大柄で力も強い。

同じ男同士でも、ロシアに逆らおうとするのは至難の業だった。

ロシア「僕が欲しいのは金なんかじゃない…お前なんだよ!」

そういうなりロシアは、ウクライナの服を破り捨てていく。

ウクライナはなすすべもなく、肌を露わにされていくのだった…

-----------------------

以上です。

BL関連グッズはこちらから!買っていただけたら…幸い!

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA