Vtuberの情事 第7話「そして二人は伝説へ…」 ※犬山たまき様夢小説


Vtuberの情事 第7話「そして二人は伝説へ…」 ※犬山たまき様夢小説

完結編です。非公式完結。

バベルの塔が貫くのは伝説への道ね…

前回記事はこちら。

-----

私を貫く、たまき君のバベルの塔。

夢にまで見ていたそれは、ただのリスナーであった私の中で暴れている。

--チュク…チュク…

生々しい水音が響き渡り、その音は全世界に発信されている。

「ああ、A子さん…気持ち良すぎるよぉ…」

たまき君はもう配信のことなど気にせず、騎乗位でまたがる私を夢中で突き上げている。

私は彼が感じている快感に呼応するように、腰をグラインドさせる。

「すごい、そんな動きできるの…?」

彼が引こうがかまわない。私は全力で、絶頂するべく動き続けた。

もうイキそう、そんな思考がよぎった瞬間、私の体が激しく痙攣する。

--ビクンッ!

「A子さん、いっちゃったの?これが漫画でみたイクってことなの!?」

たまき君は興奮しながら、私への愛撫を続ける。

気付けば、私は優しく抱きかかえられ、正常位の体勢になっていた。

「今度は僕が頑張るね…」

…嬉しい。

推しのたまき君が、自ら私に愛を囁いてくれる。

こんな幸せなことはない、そう思った。

たまき君は私の中に這入ると、激しく腰をピストンさせる。

すぐに私は多幸感に襲われ、何度も絶頂する。

そのたびに痙攣してしまい、彼のバベルを締め付けた。

「A子さん、すごい…こんな気持ちいいんだね、エッチって…」

私が痙攣するたび、たまき君のピストンは激しくなる。

どんどん固く、大きくなっていくバベル。その熱に、私は内側から溶かされそうになる。

「もう僕もイキそう、A子さん、A子さん!」

私の肩を抱き、たまき君は果てた。

--ビュクン、ビュクン!

彼にも制御できない精が、私に注ぎ込まれた。

奥の奥、私の一番奥で、吐き出される精。

非現実的だけれど、今この瞬間にも妊娠したかのような錯覚に陥るほどに、長く、大量に精を受け入れる。

「ごめんなさいA子さん、思いっきりなかに…」

ふとパソコンの画面を見ると、コメント欄には、真っ赤なスーパーチャットが飛び交っていた。

「見て、A子さん…僕たち、伝説の配信をしてしまったみたい…」

こうなったら、もう戻れないだろう。

チャンネルはBANされ、私たちは人目を避けて生きていくしかないかも知れない。

でも、たまき君となら、私はかまわない。

彼にそう伝えると、うなづいてくれた。

「A子さん…二人で伝説の配信者になろう。アダルトOKなところでね!」

たまき君はそう言うと、マイクに語りはじめる。

「みなさーん、今回の配信はいかがだったでしょうかー?このチャンネルは死ぬかもだけど、いつかまた配信したいと思いまーす!」

たまき君は目を潤ませながら、画面に別れを告げる。

「それではご主人さま…おつたま~!」

私の欲望で、一人のYoutuberの命が終わった。

しかし、それは伝説の始まりに過ぎないのかも知れない。

たまき君と伝説のアダルト配信者になる。

新たな夢を胸に、私たちは2回目の情事をはじめるのだった…

Fin

----

完結!

完結でございます!

夢小説はじめてでしたが、これで合ってるのだろうか…

犬山たまき様はマジで性癖ゆがむくらい可愛い。

以上です。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA