Vtuberの情事 第4話「エキサイト」 ※犬山たまき様夢小説


Vtuberの情事 第4話「エキサイト」 ※犬山たまき様夢小説

前回記事はこちら。

----

「ご主人様わんたま~!犬山たまきで~す!」

たまき君は手早く私の部屋で配信の準備を整え、配信を開始している。

B子と私は、それを遠巻きに見つめる。

スタッフがいるものかと思っていたけれど、どうやら1人で来たらしい。

かわいらしい小さな体で、せっせと動き回るたまき君が愛らしくて仕方がない。

「ねえ、あの子って…A子の親戚よね?有名人なの?」

B子が、まるで芸能人のように撮影機材を準備する少年に戸惑い、質問してくる。

私は、彼がいわゆるYouTuber的な存在であることを明かした。そして、実は親戚の子ではなく、私が好意を抱いていることも。

「へえ~!あんな小さい子でも配信とか出来るのね~!しかし、たまき君?って女の子じゃないの?A子ってショタコンじゃなかったっけ?」

B子がそういうのも無理もない。私だって「男の子」と言われなければ、まず女の子、それもとびきりの美少女だと思うだろうし。

私はB子に、彼は男の子であると告げた。

「ええー!!?見た目じゃほんとにわからないわね…」

そうこうしているうちに、たまき君の準備が整ったようだ。

「A子さん、それからお友達のB子さん!放送の準備が出来ました!こちらにいらしてくださーい」

私はB子と一緒に、たまき君の待つ即席のブースに腰掛けた。

「いやー、今回初めてのリスナーさんとのオフコラボというわけで、緊張していますが…綺麗なお姉様2人組ということで、僕も嬉しいです!」

たまき君が話を進め、お便りを交えて配信をしていく。

私たちは、相づちをうったりするだけで大丈夫だった。

さすがたまき君、安心して見ていられる。

しかし、なんとなくさっきから、たまき君の視線がB子の胸にいっているように見える。

「たまき君、私の胸ばっっかり見てないですか~!?」

B子がおどけていじると、たまき君は慌てて、笑いながら誤魔化す。

「えーすみません!僕の理想のママが見つかったかと思いまして!リスナーさんとのオフコラボで、正直こんなママに会えるなんて、意外で」

でも、私はたまき君の股間の「バベルの塔」が隆起するのを見逃さなかった。

私は隙を見ては、たまき君にボディタッチを繰り返した。

たまき君がどんどん興奮していくのが、手に取るようにわかる。

「ごめんなさいたまき君。私用事があって、帰りますね~」

B子は私がたまき君にモーションをかけているのを知って、さりげなく席を外してくれた。

「あ、B子さん、ありがとうございました!配信はA子さんと続けますね~」

2人きりになった私は、さらにモーションをかけていくことにした。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA