地獄の生活

Vtuberの情事 第3話「邂逅」 ※犬山たまき様夢小説

Vtuberの情事 第3話「邂逅」 ※犬山たまき様夢小説、18禁。

まだ成人指定する場面ないんですけどね…

前回記事はこちら。

---

動画の企画で、犬山たまき君が私の家に!

今日がまさに、来訪の日。

私は念入りに掃除をした。

犬山たまき君関連の見せてはいけない絵は、すべて隠して。

あくまでも「清楚な大人の女」を演じる。それに全力を尽くすことにした。

そして、今日は秘密兵器も準備している。

B子ちゃん。私の親友だ。

彼女はいわゆる「オタク」ではなく、Vtuberなんかも見るタイプではない。

ショタコンでもないはずだ。私とは性癖が全く違うけれど、それがかえって良かったらしく、私たちは長く友人関係を続けている。

そんなB子の特徴は、なんといっても胸が大きいこと。ゆうにGカップはあろうかという巨乳なのだ。

同性の私から見ても、それは羨望を超えて思わず触りたくなるほどだった。

B子には「親戚の可愛い子が来るから、からかいたい!」と説明している。

察しとノリの良い彼女だから、きっと露出の激しい格好できてくれるはず。

----コンコン!

勢いよくドアがノックされる。

急いでドアを開けると、B子が息を切らせながら立っていた。

「はぁ、はぁ…ごめーんA子、間に合った!?」

私は頷いて、B子を室内に招く。

「え、すごい綺麗にしてるじゃん部屋!」

B子は笑いながら靴を脱ぐ。

胸元の開いた白のワンピース。肩はノースリーブ。

さすがB子、スタイル抜群な四肢を惜しげもなくさらけ出す服装だ。

これならたまき君の困り顔が見られるかも…!

B子とたわいもない会話をしていると、呼び鈴がなる。

----たまき君だ!

「すみませーん、犬山たまきと申します~!A子さんのお家でよろしいですか?」

私はドアを開け、たまき君と対面する。

可愛い…!

そこには、まぎれもなく本物の「犬山たまき」が立っていた。

Exit mobile version