僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第34話


34話。寝取り男視点の逢瀬。前回記事はこちら。

----

夜9時になり、俺はラブホの前に立っていた。

さて、愛菜が来るかどうか。

まあ、来なかったら写真ばらまいてやるだけなんだけどな。

それはそれで面白い、あの女の人生終わりだ。

そんなことを考えていると、ノコノコ来やがった。

「…ねえ、遊佐君…本当に今日が最後にしてくれないかしら?」

開口一番、愛菜は最後を口にする。

「ああ、もちろん。そのつもりだって。安心しろよ」

…なんてな。俺は全く終わらせる気はねえんだけど。とりあえず適当にあしらっておく。

「まあ、こんなところまで立ち話しに来たんじゃないだろ?来いよ」

「そうだけど…もう…」

嫌がる素振りは口だけだ。

俺たちはホテルに入り、手早く部屋を選ぶ。

部屋に入ると、俺は愛菜を押し倒した。

股間に手をやると、案の定濡れている。

「なあ。今日婚約者とはやったのか?」

俺は乱暴に愛撫を続けながら言う。

「んふぅ…何でそんなこと聞くのよ…したわよ!」

愛菜は体を捩らせながら答えた。この様子だと、満たされなかったらしいな。

「なぁ、やっぱり俺のが良いだろ?」

あっという間にぐしょぐしょになった秘部を指で押し広げると、より愛液が溢れ出す。よくこんだけ濡れるもんだ。

「いや、だめそれは!」

「もうイきそうなんだろ?遠慮すんなよ、ほら」

そう言って俺は、愛菜の弱点を責める。

「イク、いっちゃう!」

愛菜は体を痙攣させると、深くオーガズムに入ったようだ。チョロいな、相変わらず。

「何が嫌だよ、まったく淫乱だよなぁ!」

俺は笑いながら愛菜の口に肉棒を宛てがう。

「ほら、咥えろよ。気持ちよくしてやっからな?」

愛菜は黙って頷き、奉仕を始める。

「わかってきたじゃねえか。結局、あんたの婚約者じゃ、いけねえんだろ?」

「もう…いじわる言わないで…今日が最後よ、今日が…」

自分に言い聞かせてるんだろうな、この女。玉まで一生懸命にしゃぶりながら、笑わせるぜ。

「じゃあさ、ほら言ってみろよ?遊佐君のをくださいって。正直になれよ」

俺は愛菜の心を折るべく、畳み掛ける。この瞬間が楽しいんだ。

「それは…でも…」

愛菜は逡巡しているようだ、往生際が悪い。もちろん、ボイスレコーダーは準備してるから、言質とられたら終わりってのはあるけどな。気付いてるかは知らんけど。

「ほら、言えって。言ったら気持ちよくしてやるぜ?どうせ忘れられねえんだろ?」

俺はさらに揺さぶる。我ながら酷い男だとは思う。

「…ください、遊佐君のを。私を気持ちよくしてください!」

…ついに堕ちた、な。これで終わりだ。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA