地獄の生活

僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第31話

第31話。忠男目線。前回記事はこちら。

----

僕は愛菜の腹部に射精した。

愛菜は腟内に欲しがったが、僕はまだ子どもを作りたいとは思っていないからだ。

まだ婚約関係だし、もう少し二人でいる時間を楽しみたい、それが本音なんだけど。

愛菜はどこか不満そうだった。

なんでだろう、いつもは不満を態度に出したりしないのに。

今日は鈍感な僕でも、わかるくらいに不満そうだ。

しかし、結局愛菜は口には出さなかった。

今日も愛菜を満足させてやれなかった自覚が、なんとなく僕にもある。

また自分だけ、だったかもしれない。

「ありがとう、愛菜。気持ちよかったよ。でも子どもはまだよくないか?」

僕は何気なく声をかける。

「うん、そうだね…シャワー浴びてくる…」

愛菜はそういってスマホを握りしめてシャワールームに向かう。

なんだよ、なんか素っ気なくないか?

そんなことを思いながら僕は、シャワーの順番を待つことにした。

そう言えば、流れに誤魔化されたけど、結局誰からのメールだったんだろう?

シャワーにまでスマホ持っていくし。

覗き見るのは性に合わないけど、どうするべきか…

モバイルバージョンを終了