僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第27話


第27話。愛菜に届いた着信…前回記事はこちら。

----

どうにかして本当のことを話さないと…!

迷う私に、メッセージがくる。

あいつだ…遊佐君。

止める忠男君を尻目に、私はリビングから逃げ出した。

寝室に入った私は、スマホのメッセージを開く。

「愛菜、今日も抱いてやるよ。夜8時に、例のホテルに来い。来なかったらわかるよな?」

ホテルに来いという、無慈悲な言葉。

添付ファイルが自動的に開かれる。

…写真には、私のあられもない姿が写っていた。誰がどう見ても、私だ。

どうしよう…

そう思いながら私は、胸が高鳴るのを感じた。

下腹部にも、熱が集まるのを感じる。間違いなく、私は火照っていた。

あの男、遊佐君を…私の体は求めているというの?

----ガチャ!

寝室のドアが開いて、忠男君が私を見つめる。

私は、気付いたら忠男君を情事に誘っていた。

「忠男君、心配かけてごめんね。大丈夫だから。今は黙って抱いて…?」


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA