地獄の生活

僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第25話

第25話、夜が明けて…忠男目線。

前回記事はこちら。

----

夜が明けて、今日は土曜日。

幸いなことに、僕も愛菜も仕事は休みだ。

僕はリビングでお茶を飲んでいた。

昨日、結局あれから一言も交わすことは無かった。愛菜はベッドから動くことはなく、僕はいつの間にか眠っていて。

「…おはよう、忠男君」

愛菜が部屋から出てくる。

「おはよう、愛菜。珍しいね、君が僕より遅く起きてくるなんて」

愛菜は普段、僕より早く起きていた。女性だから、化粧やらで忙しいんだろう。しかし、今日は僕の方が早かった。

何もかもが違和感だ。きっと、あの晩何かあったに違いない。

「なあ愛菜。何か悩み事があるんじゃないのかな?」

「…」

愛菜は黙りこくって、洗面所に向かう。

聞こえているはず…なんだけど。

まあ、少し待とう。

僕はお茶に口をつけ、平静を保つことにした。

そうこうするうちにシャワーの音がする。

今、シャワーを浴びる理由ってなんだ?

何かの痕跡を消そうとしてるのか?

モバイルバージョンを終了