僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第21話


第21話。愛菜視点。前回記事はこちら。

----

また…絶頂せられた。

私はショックで打ちのめされていた。

昨日の夜は、薬の効果だと思っていたのに。

教え子の強引な責めなんかで、あんなに感じるはずが無い、そう思いたかったのに。

本当は違った。

私は、遊佐君との情事で絶頂してしまったんだ。

そう実感すると、余計に背筋がゾクっとする。私は一体…何を考えているの?

私の中で、未知の感覚が芽生えていた。

「愛菜、いつまでサボってんだ?」

遊佐君は私のお尻を鷲掴みにすると、四つん這いにさせる。

「まだ…するの?」

私は答えがわかっている質問をした。

「当たり前だ、今度はバックな。またイかせてやるって」

遊佐君は笑いながら私の中に入ってくる。

「っあう!」

私は反射的に背中を反らせると、されるがままになる。

悔しい…本当に悔しいけど、気持ちいいの…

ごめんね、忠男君…

心とは裏腹に、教え子にバックから突かれる背徳感に、何度も絶頂する。

その度に、遊佐君は笑った。

「愛菜、そろそろ中に出すわ!」

遊佐君のピストン一層が激しくなり、怒張が膨らむのを感じる。

「んぐぅ!…どうせ出すんでしょ、さっさと済ませてよ!」

どうせ返事なんて聞いてないくせに…勝手なこと言って!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA