僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第19話


第19話。愛菜視点。前回記事はこちら。

----

ガチャリ…

鍵を閉められた倉庫に、私は遊佐君と2人きりになった。

他の生徒に昨夜のことを聞かれるわけにはいかないし、しょうがない。

私は警戒しながら、遊佐君を問い詰めることにした。

「まあまあ愛菜ちゃん、そこのマットに座んなよ。立ち話もなんだろ?」

遊佐君は軽口を叩きながら、私をマットに座るよう促す。

私はマットに腰掛けると、すぐに質問をした。

「ねえ遊佐君…昨日のことだけど。ちゃんと写真や動画は消してくれたの?」

「はぁ?昨日撮ったやつ?消すわけないだろ、愛菜ちゃんは約束を守ってないぜ?」

やっぱり、か。

予想どおりの答えに、私は頭を抱える。倉庫に閉じ込めたのも、これから…

学校で犯されるなんて、冗談じゃない。

「貴方、自分が何をしているか分かっているの!?婚約者のいる教師を、盗撮して脅しているのよ!?こんなこと、許されないんだから!」

私はまくし立てるように遊佐君に言葉を放つ。こうなったら、彼を冷静にさせるしかない。こんな悪いこと、私が止めさせないと…!

「うるせぇなぁ…」

遊佐君は、私の言うことなど聞いていないように、首を振る。

「愛菜ちゃん、だから俺をイかせてくれたら消してやるって。別に今からでも良いんだぜ?」

そういうと、私に近づいてくる。

「それによ、昨日も満更でもない感じだったじゃねえか。あれだけイった事ねえんだろ、愛菜ちゃんさぁ…」

無理やり下着に手を入れる彼を、必死で止める。

「…っ!やめて!もうこれ以上、貴方に触られたくない!」

しかし、高校生とは言え、男の力に抵抗出来るはずもなく、彼は私の胸をあっという間に露出させる。

「んだよ、乳首もう立ってんのかよ!?身体は正直ってやつか?」

遊佐君は笑いながら私を仰向けに組み伏せ、ショーツの中に手をやる。

「あんん!」

不意に声が出る。

「へ、下の方もバッチリじゃねえか。こんな濡らして、よく嫌がれるよな!」

…悔しいけど、本当だった。

昨日イカされたのは本当だし、今まで味わったことの無い快感を、私の身体は忘れてくれなかった…

私のショーツは、愛液で濡れそぼっていた。意思ではどうにもならない、女としての本能。

「ならせめてゴムは着けて…それと約束よ、貴方が満足したら…」

私が言いかけると、遊佐君はとぼけた表情で遮る。

「ゴムなんて持ち歩いてねーよ、淫乱先生。生でやっからな。具合も良いみてえだし、入れるぞ?」


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA