僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第18話


第18話。寝取り男視点。前回記事はこちら。

----

前から愛菜ちゃんが歩いてくる。

その表情は、明らかに動揺していた。

そりゃそうだ、昨日あんだけヤラれればねぇ…

俺はニヤけながら愛菜ちゃんに向かって歩いた。

「おはようございま〜す、高嶺先生」

俺は何事も無かったかのように愛菜ちゃんに声をかける。さすがに学校で「愛菜ちゃん」呼ばわりはまずいからな。

愛菜ちゃんの顔が、明らかに強ばっているのがわかる。

「…おはようございます。昨日のことだけど…」

「昨日のことね、楽しかったな?」

俺は言いながら、近くの倉庫に目をやった。

「なあ先生…他の生徒に聞かれたら、色々困るんじゃないの?」

その言葉で、愛菜ちゃんは全てを悟ったようだ。さすが教師、察しが良いな。

「わかったわ、向こうに行きましょう」

俺たちは倉庫に入る。

倉庫の中は掃除道具やらで埋まっていたが、お誂え向きにマットが敷いてある。まあ、体育用だけどな。

愛菜ちゃんをマットに腰掛けるように促すと、俺は後ろ手に鍵をかけた。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA