僕が知らぬウチに~女教師寝取られ地獄 第11話


第11話。前回記事はこちら。

----

産まれたままの姿になる愛菜。

さすがに濡れてないとキツいだろうな、俺のは…

ローションを肉棒に丹念に塗り込む。

さて…いよいよだ。

「意識ないのはつまらねえが、最初はしゃあねえな」

愛菜の秘部に肉棒をあてがうと、ローションの甲斐もあってスムーズに入った。

「…んぅう」

愛菜が意識を取り戻す。

「え…?なんで?あなた…遊佐君!?」

俺はかまわず腰を打ち付ける。俺の味を覚えろ…!

「ちょっと!なんで…ここはどこ?なんで…こんなことしてるの?」

愛菜は必死に逃げようともがく。

「何言ってんだ愛菜ちゃん。あんたから誘って来たんだぜ?教え子をホテルに誘うなんて、淫乱がよ!」

俺は暴れる手足を押さえつけて、なおもピストンを続ける。

すると、自己防御から、愛菜の秘部からも蜜が溢れてくるのがわかる。

「何考えてるの!?そんなことするわけないじゃない!私には婚約者がいるのよ?今すぐ止めなさい!」

「へ…だがよ、今日言った店は俺の親父の知り合いでな。会話なんかいくらでも偽証できんだわ。しかもあれ見ろよ」

俺はベッドの横にあるカメラを指さす。

「え…まさか…録画してるの?」

愛菜が震えながらカメラを見る。

「当たり前だ。当然写真も撮ってるぜ。これをよ、愛菜ちゃんの愛しの婚約者に見せたらどう思うだろうなぁ…」

愛菜の顔がみるみる青ざめる。

「婚約破棄か?婚約者がいるのに、隙だらけでこんな動画撮られるような女、誰も結婚してくれねえよ!」

愛菜の体をバックの姿勢にすると、後ろから肉棒を挿入する。抵抗する女には後ろからが一番だ。

「そんな…ひどい…お願い、こんなことはやめて!動画も消しなさい!」

愛菜は事態を把握したのか、泣きじゃくりながら叫ぶ。

「ああ…そうだな、大人しく今回だけやらせてくれよ。そしたら全部消してやるよ?」

俺は愛菜の様子を見ながら、続ける。

「前からさ、気になってたんだよ愛菜ちゃんのこと。先生と生徒だけどさ、本気だったんだ。婚約したって聞いて、いてもたってもいられなくてさ…」

俺は心にも無いことを言い続ける。

「…そんなこと言われても知らないわよ…」

愛菜は抵抗を緩める。

「一回出したら、すべて消しなさい。そしたら、理事長にも黙っていてあげるわ」

「へへ、さすが先生、話が早えや!」

俺はピストンを速める。

「ところでさ、愛菜ちゃん。さっきからマン汁がすごいことになってんぜ?もしかして興奮してんの?」

俺の言葉どおり、突く度に汁があふれ出す。中の締め付けもいい。こりゃ名器だ。

愛菜は黙って首を振る。

「…んぅん!」

愛菜が震え出す。絶頂が近いようだ。

「なんだよ愛菜ちゃん、楽しんでんじゃねえか!なんだよこの震えは!イキそうなら言えよ!」

痙攣し出す愛菜の体を、後ろからさらに突いていく。長い黒髪を振り乱して、必死に我慢している女を突くのはたまらねえ。

「いや!んんんんーーー!」

愛菜は声を殺すために枕に顔を埋めると、そのまま痙攣する。陰部からは潮を噴き出す始末だ。

「ああ?…愛菜ちゃんイッてんじゃん、潮まで吹いて。俺はまだまだだぜ?彼氏のと全然違うだろ」

そう言いながら、愛菜の体を起こす。

「ちらっと聞いたんだけどよ、愛菜ちゃんの婚約者ってひょろひょろの頼りないやつなんだろ。じゃあこんなことできねえよな?」

俺は愛菜の体を抱きかかえながら正面から挿入し、下から思い切り突き上げてやる。

「もう…やめて!これ以上は…」

愛菜は首を振りながら否定する。

「ほらいわゆる駅弁ってやつだ。それに約束したじゃん、一回出すまでやらしてくれるんだろ?愛菜ちゃんが約束守らないなら、俺も守らねえぜ?」

そういうと愛菜は抵抗を止めて、諦めたように俺に身を任せる。

「…約束は約束よ…さっさと出してよ…」

ふん…イッたくせにまだ心までは屈服しないってか?

まあ夜は長いんだ、楽しませてもらうぜ…!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA