Грустная любовь:ウクライナ✕ロシアの恋愛小説 第3話


怒られるまでやるこの小説。

ウクライナ情勢も大分きな臭い状況になって参りましたが…

平和を願って、BL小説を書くのですw

第2話はこちら。

キャラ設定等はこちら。

ウクライナ:ソ連家の次男。開放的な性格だが、力は弱い。しかし、イチモツがめちゃくちゃデカい。一人称は俺。

ロシア:ソ連家の長男。気難しい性格。力が強い。アナルは弱い。激弱。一人称は僕。

ソ連家:ウクライナとロシアが育った家。名家だったが、経済的に苦しくなり、一家離散となる。

時代背景:現代において、一家離散となったソ連家。ウクライナとロシアは永らく別々の道を歩んでいたが、事業に失敗したロシアはウクライナを力でねじ伏せ、金を巻き上げようとする。しかし…

では、第3話…よろしくお願い致します。

--------------

…ロシア。

奴と一対一で会うことになった。

なんでも、金の無心らしい。

しかしロシアの奴が金に困るとは、世も末だ。

金は唸るほどあったろうにな。没落なんてあっという間か。

そんなことを考えながら歩いていると、目的地に着いていた。

待ち合わせの喫茶店に入り、広い店内を見渡す。

…いた。ロシアだ。店の隅で佇む男。

最後に見てから何十年も経っていたが、さすがに兄弟だ。

嫌でも、その男こそが俺の兄であることはわかった。

「よ、兄貴。」

俺は努めて陽気に声をかけた。

…兄貴が纏っている空気が余りに陰気で、雰囲気に飲まれそうだったからだ。

ロシアは、重い口を開く。

「…ああ、久しぶりだなウクライナ…元気そうでなによりだ。」

相変わらず陰気くさいしゃべり方をする奴だ。

幼い頃から、兄貴とは決定的に性格が違う。

俺は兄貴の陰気さが嫌だったし、兄貴は兄貴で俺の脳天気さを煙たがっている節があった。

「うん、まあお互いとりあえず元気そうじゃんか。で、なんの話だい?」

俺は、ロシアに用件を話すよう促した…

--------------

以上です。

BL関連グッズはこちらから!買っていただけたら…幸い!

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA