掟上今日子の設計図読んでみた。意外な結末に〇が止まらない…おススメポイントをご紹介!


普段実用書ばかり読んでいる私。

すると、なんというかこう、心がすさんでいくというか…

具体的に言うと、文章がすんごくそっけなくなります。これはしゃあないのですが。

そんなおり、小説を読もうと決心。

芥川龍之介様や、太宰治様。

最近だと海堂尊様などが好きなんですが、そのレベルで止まっていたのですね。

これはあかん。新しい血を入れねば。

というわけで、西尾維新様に手を出しました。

化物語シリーズは気になるのですが、シリーズだけに追うのがつらい。

一冊で完結する、掟上今日子さんシリーズを読んだわけでございます。

選んだのは、こちら。

掟上今日子の設計図。

恥ずかしながら、掟上今日子さんはドラマになってるなぁ…くらいのイメージしかなかったのですが…

読んでみると、まあ―面白い。

お勧めのポイントをいくつか。ピンきたら、読んでください!

1 文章のテンポがとにかくよい。

文学的すぎず、かといって事務的でなく。

入ってきやすい言葉なうえに、リズムがいいので、280ページほどあるのですが、4時間ほどで読了してしまいます。

難解なミステリーだと、何度も読み直したりして苦戦するのですが、この本は一度もそんなことがありませんでした。

小説は難しいイメージで、とっつきにくいというあなたにおすすめ。

2 登場人物のキャラクターが立っていて、わかりやすい。

いやー、これはやはり大事ですね。創作物なら避けては通れない道なのですが、キャラ立ちが素晴らしい。

主人公の掟上今日子さんをはじめ、狂言回しの隠舘厄介、警察関係者、美術館館長…皆さん、一回説明を読んだだけで立ち姿まで浮かぶのは、さすが。

ミステリーの都合上、登場人物の中に犯人がいるはずなので、このあたりはキャラ立ちが鮮やかで、理解がしやすい。

キャラが出すぎてよーわからん。

そんなあなたにもおすすめです。

3 結末が哀しくも美しい。

ネタバレは本意ではないので、これは言えないのですが…結末がとにかく美しい。

私は1時間くらい涙が止まりませんでした。

最近泣いてないな…って方は、落涙によるカタルシスが得られること請け合いなので、おススメです。

肝心のミステリーのネタも、とても面白いものでした。

犯行の動機も含め、最後まで楽しく読める、最高の一冊でした!

ご購入はこちらから。

掟上今日子の設計図 [ 西尾 維新 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/8/16時点)楽天で購入

以上です。

たまには、小説もいいね!

読んでいただきありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA