世界で一番やさしい 会議の教科書 読後感


今回は「世界で一番やさしい 会議の教科書」の読後感です。著者は榊巻亮様。

備忘録を兼ね、私が印象に残った部分を抜粋しています。購入の参考にしていただければ幸いです!

この本は「上司などのペーズで進む会議が、無駄に感じる若手」向きな感じです。さて要約を。

・世の中には無駄な会議があまりにも多い。まともに会議が出来ていることの方が稀:うちの職場もまんまこれでした…上司のペースで資料の読み上げから開始、まともに意見も出ず、会議結果も曖昧。

・最初は確認するファシリテートから:ファシリテートとは「促進」のような意味合い。最初から若年者がずばずば仕切れるはずもないので、確認する体で、会議の目的などを明確化してもらう。

・会議が噛み合わない場合、論点などを整理するため書くファシリテートを:ホワイトボードなどに、参加者が論点などを整理できる形で板書(スクライブ)する。

・会議では初めに「会議の終了条件」と「時間配分」を決める

・会議では意見を出し切ることが大切:意見を一旦発散(個別の解決法にまでは踏み込まない。)させ、参加者の意見を出させた上で優先順位をつけ、選択し、方針を作る。

・課題解決の5つの階層:下から「事象:何が起こっているか」「問題:具体的にどう困るか」「原因:なぜそれが発生するのか」「施策:どんな解決策があるのか」「効果:どの施策が効果が大きいのか」

・事前準備なし、会議だらだらのグダグダ会議は×。また事前準備独り善がり、会議さらっとのお膳だて会議も×。準備きっちり、会議ビシッとがファシリテーション会議。

・会議PREPシートの活用:終了条件・参加すべき人物・参加者の状態・参加者の抱く疑問等・プロセス(議題、議論の進め方、必要なモノ、時間配分)を決めておくと、スムーズな会議を設定できる。

以上が要約です。

本編ではこれらのことが、入社2年目の女の子視点と、そのお父さん(ファシリテートのプロ)を交え、小説形式で描かれており、非常にわかりやすい形で学べます。障害となる上司なんかもいる環境で、いかに会議を変えていくか、自分に置き換えることが容易な良書だと思います。「世界で一番やさしい」はホント!

会議に悩むそこのあなた!是非ご購入を!リンクは↓から。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA