オススメ本 カエルの楽園 百田尚樹様


オススメの本として、今回は「カエルの楽園」をご紹介。著者は百田尚樹様です。

絵本チックなほのぼのした表紙と題名からは思いもよらないハードな内容です。著者を見れば、わかる人はわかるんでしょうが。

物語は、とあるカエルの国で、平和の呪文のようなものを唱えていれば未来永劫平和が保たれる、と主張する方々で構成された世の中から始まります。

それに疑問を感じた一部のカエルが、色々と現実を目の当たりにして、平和の呪文を唱えるだけではダメだと主張しますが、その声はかき消され…結果カエルの国は…といった展開。

それぞれ現実にある国(日本、アメリカ、中国等)がモチーフと思われるキャラクターが登場します。

まとめると、安易な憲法の盲信や武装放棄に警鐘を鳴らす、現状の我が国がおかれた状況の一面を簡単に理解できる、名著だと思います。

百田さんは、何かと過激(一部、ですけどね)な発言が取り沙汰されていますが、言っていることには一理ある面も。

未読な方は是非!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA