FEHからファイアーエムブレムに入った人あるある5選!


大人気アプリ…だと個人的に思っているんですが、ファイアーエムブレムヒーローズ様。

ガチャの初期設定が3%だったり、天井があったりなかったりしますが。

基本的には低価格で遊びやすい神アプリです!ほかのガチャゲーに比べれば、まだ良心的ではないでしょうか(笑)

そんなファイアーエムブレムヒーローズは、当然ファイアーエムブレムを原点としたアプリです。

公式ホームページはこちら。今気付いたけど、たいそうなホームページがございました。

https://www.nintendo.co.jp/fe/

1990年から始まったファイアーエムブレムシリーズは、今や30年を超える歴史を持っています。

今回は、ファイアーエムブレムヒーローズからファイアーエムブレムに入った人あるあるをまとめていきます。

switchでも聖戦の系譜までプレイできますし、これを機に原作に触れるのもいいのでは!?

では…逝きます!

1 ワンパンゲーだと勘違いする。

大魔王様

スキルと高いステータスにより、攻撃力が100近くなる最近のFEHさん。

最近のインフレもあって、すっかり先手必勝のワンパンゲーと思いがちですが…本来のFEは違うのです…

割とインフレしがちな聖戦の系譜でも、力はあっても20程度。攻撃力は30~40くらいで、守備は20くらい。つまり、ちまちま10くらいのダメージを積み重ねるゲー。

ワンパンよりも、如何に削るかが勝負なゲームなのです。たまに追撃や必殺でワンパン無双できるかな…くらいなもんです。

次はこちら。

2 キャラはへたれることがない

FEHでは、最終ステータスが良くも悪くも決まっています。

なので、期待値が決定しており、育てさえすれば活躍可能です。

しかし、FEは本来キャラごとに成長率が決まっているのです。

ネットで拾わせていただきました。

上の表の数値は、1レベル上がる毎にその能力が1上がる確率を表しています。

FEHだと強キャラなベルナデッタちゃんでさえ、速さの上昇確率は50%なのです。

運が悪ければ、力が弱いベルちゃん、いわゆる「へたれベル」になってしまうゲーム性。

もちろん、救済としてクラスチェンジやアイテムによるステータス上昇は可能ですが、まあそれはおまけ程度。

ちなみに、シリーズ初期ほど成長率はキツいです。初代主人公のマルスは、ほぼドーピング必須レベルでしたね…

これからドーピングします!

次はこちら。

3 攻撃は絶対当たる

FEHでは、攻撃は絶対当たります。命中率と回避率の概念がないためです。

しかし、最近はなんとか回避率の高いキャラを再現しようと、こちらのスキルが導入されましたが…

ダメージ軽減なので、ごり押しでなんとかなるのが玉に瑕。

本来のFEでは、命中率と回避率があるので、けっこうなストレスゲーなのです。

99%が限度なトラキア。

トラキア776では、100%と0%はないため、絶対がないゲーム性になっています。

つまり、理論上は強キャラが99%の攻撃を外し、雑魚敵の必殺率1%に当たって討たれることもあり得るのです。

その諸行無常と、確率を計算に入れた戦略こそが醍醐味と言えるのです。ひりつく勝負ができるのです。

…まあFEHに回避と命中が導入されたら、すべての詰め攻略が成り立たなくなる運ゲーとなるので、導入には反対なんですけどね…

次がこちら。

4 3ターンくらいでマップが終わる

FEHでは、アプリゲーの限界としてマップが狭いのです。

ワンパンゲーなのも相まって、3ターンくらいで勝負が決まることが多い。7ターンもすると違和感が出るレベル。

しかし、本来のFEはもう少しマップがデカいのです。

特に、広大なマップを誇る聖戦の系譜のマップはこちら。

ストーリーの都合的に複数の城が同じマップにあるため、戦場にたどり着くのにそもそも数ターン使います。

ダレるという声もありますが、このスケールのデカさが好き。アーマーや歩兵がたどり着くころには、騎馬で趨勢が決まっていますが(笑)

最後がこちら。

5 じじいでも使える

使えません。ぎんのやりを奪って即2軍です。

若いイケメンや美少女を育てましょう。

じじいは、ハードとかで肉壁に使いましょう。

以上です。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA