地獄の生活

トラキア776からFEHに新規参入!サラとかアスベルとか~

待望のトラキア776から!来ました新英雄!

ところでトラキア776って何って方も多いのではないでしょうか?

トラキア776はスーファミ時代の、ダウンロードソフトだった作品。

聖戦の系譜のサイドストーリー的な位置づけなので、あんまりメジャーではないのです。

しかし、そんなトラキア776、難易度が高いことでFEファンの中では根強いファンも多いのです。

特に序盤がキツい。キャラが揃ってくる終盤は割と楽勝なのですが…

では、キャラ紹介。

まずはこの方。

緑歩行魔のアスベル君。

ショタ魔道士の系列です。いかにもショタショタしたショタ。

リーフ君とセティ様にしか興味なさげな、受けっこ(笑)

スキルはこちら。

ええ…強すぎでは…

原作でも強かったグラフカリバー、なんと全能力+5です!

さらに獅子奮迅4!これはマンスターの地下でまさに獅子奮迅の活躍をした名残でしょうか?

見切り追撃まであって、近年稀に見る強強歩行魔です。

歩行魔御三家としては、赤のリシテア、青のオフェリア、緑のアスベルでしょうか?

最近錬成もらったレヴィンがかすむほどの聖戦士っぷり(笑)

スタッフにショタ好きがいますね…間違いない。

次はこの方。

青弓のロナンさん。

原作では、力と魔力の成長率が逆に設定されてしまい、ぶっちゃけ使いづらかったような…

成長率に注目。なんと弓兵なのに力が15%、魔力が55%という高数値…

力が10そこそこなのに、魔力がカンストすることすらありましたね。

トラキアの魔力はそのまま魔防になるので、無駄ではないのですが…受けより殺して生存率を高めるゲームなので、あんまり意味がないという。

スキルはこちら。

敵のHPが100%という縛りはあるものの、攻撃+6と弱化無効にしてくれる義憤の強弓。

あとは新スキルの飛燕明鏡の構え3が目玉ですね。原作の魔防力が活きてますね…(笑)

次はこの方。

ロプトの姫ことサラ様。

歩行杖で登場。

聖戦の系譜における黒幕の血縁者だとか、色々謎を秘めた方。

トラキア776では、再移動や高成長率、素で持ってる怒りスキルと、何かと強いユニットでした。

スキルはこちら。

なんとオートで状態異常を解除してくれるキアの杖!

さすが原作でもキーアイテムだったことはある効果。

そして引き戻し効果のあるリターン。飛空城でトラップに、早速活用されてるそうで…

他は、杖のテンプレセット的なスキル構成。

最後はこの方。

コロナのニュースが思いっきしかぶりましたが、めんどくさいのでそのまま(笑)

赤歩行のミランダ王女。

原作ではライバルが多すぎるのと、中盤しかも低レベル加入でイマイチ影が薄い…アスベル、サラ、オルエンと皆専用武器持ちなのが痛すぎる。

まあ成長率を上げる聖戦士の書が使い放題なので、育てれば強くはなるのでしょうが…私は使ったことがありません!

ところでFEHでは「わがまま王女」という二つ名になっていますが、母国であるアルスターはリーフ君を庇ったおかげで帝国の支配を受けており、しかもリーフ君は恩人アルスター家の王女であるミランダのことを忘れているということで…割と悲惨な方。

スキルはこちら。

…かわいそうになってくる、あからさまな星4要員ぶり。

まあ、しょうがないね!

絵は可愛いから、絵で使ってくれ!な?

そんなスタッフの心が透けるような弱者感。

アルスター家は救われる日は来るのか…

以上です。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!

Exit mobile version