地獄の生活

BL小説書きが考えるBLあるある10選。パターン化を打破しよう!

こんにちは。

土曜の昼間から、BLに関する記事をしたためたので、皆様に捧げます。

さて。

BLと言えば…ニッチな界隈ですね。

そんな界隈では、技術革新が登場しづらく、パターン化が著しいと言われております。

そこで!

パターンを羅列することにより、今後のBL創作において、全く新しい視点を持つことができるようになるのではないか、と思い至ったわけです。

わかりづらいですが、要はパターンを尻もとい知り、それに当てはまらない作品を作りたいなとw

全力で考えたので、読んで頂ければ幸い…!

まずはこれ!

1 攻めは露出高い、受けは露出低い格好しがち。

よくある。

一目見て、攻めと受けをわからせるため、攻めは肌にぴったりのアンダーアーマー、受けはふわふわした格好をしがちです!

地雷を避けるためにも、結構大事なシンボル化だったりするのですが…

それはそれとして、逆が性癖だったりする人もいるため、結局意味ないw

次はこちら。

2 告白するとき、「忘れてくれ」などと予防線を張る。

BL界においても、同性愛は一応タブーなことが多い。

このため、お互いノンケとして生きており、これを超える告白シーンでは「お前のことが好きだ、でおも男同士で気持ち悪いよな…忘れてくれ!」

…などと、予防線を張ることが欠かせません。

結局受け入れるので、意味はないです。現実世界でも、そんな予防線では意味ありませんw

次はこちら。

3 攻めが受けを好きになる過程が、雑すぎる。

大体、顔やら仕草やらを見て「こいつ…可愛い…男なのに!」

って攻めがなりがち。

それ以外の感情や過程はいりません。

攻めが受けを「可愛い…男なのに…なんだこの感覚…」ってなれば、BL成立です。ありがとうございます。

次はこちら。

4 受けが攻めに応える時、ばかっていいがち。

攻めがぐいっと言い寄り、一旦は引いてします受け。

そんな受けに、「ごめんな…」と言い、引き下がる攻め。

引き下がってしまった攻めに、それでも来て欲しい受け。

「ばか…!」と言って受けが自らを開放するのです…

うーん、ちょろいw

次はこちら。

5 脱毛が完璧過ぎる。

BL界隈は、圧倒的に女性市場。

よって、綺麗なものが一般に好まれます。

このためBL界における男子は、永久脱毛を義務づけられているのです。

あっても口ひげ程度。

特に尻穴、すね毛などはもってのほかです。

ちなみに…

現実の男子は大体、毛がぼーぼーです。

ちゃんと処理しないと、大分ばっちぃことになります。

折り返し、次はこちら。

6 お尻を貫いても、血がでない。

これは…不思議なものですね…

はじめてだろうがなんだろうが、血はでません。

「アナ〇」ではなく「やおい穴」という特殊な穴を使用している説もありますね。

現実では、相当慣らさないと不可能です。ワセリンとかもいる!

後半戦、次はこちら。

7 穴を責めても、うんちがつかない。

これも不思議…

ア〇ルではなく、やおい穴を使えば何にも問題はないのですが…

現実では以下略。マジで惨劇になると思う…w

リアル目線など、腐女子は求めていないのです!

次はこちら。

8 先輩後輩は大体BLしがち。

大体そう、先輩後輩がみんな好き!

ただし、先輩が攻め、後輩が受けとはならないのが難しいところ。

エラそうな上司に限って受け、へたれ後輩に限ってガン勃ちなんてことも…

なんなら、そっちのがトレンドまである。

現実には、職場の先輩後輩はそんな余裕はありませんw

終わりが近づいてきました、次はこちら!

9 はじめてなのに、激イキしがち。

お前…はじめてなのにこんなになって…

はい…だって気持ちいいんだもん…

そして激イキする受け。

攻めもたまらず、ぶっかけ回す…

といったシチュエーションになりがちです。

多分、現実では…そうはならんやろ。さすがに!

ラスト、こちらぁ!

10 女子が一切登場しない。

まぁ…ですよねw

BL界隈において、男子同士のカップリングを邪魔する女子は、抹殺される運命にあるのです。

男性向け成人誌では、「竿役」としての役割くらいは与えられますが…

女性向けBLでは、存在すら許されないのですw

一部、ハーレムものの主人公(感情没入用の装置)は別ですが、徹底的に女子は出て来ません。

いかがだったでしょうか?

最後の方は、なんかふざけ過ぎた感もありますが、お楽しみいただければ幸いです!

以上です。

BL関連グッズはこちらから。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!

モバイルバージョンを終了