冗談が通じる人・通じない人の特徴と対策


今回は世渡り上手になるためのコツをご紹介。すべて実体験に基づきます。若干のネタ記事、話半分で。

画像は無関係。なんかでてきた。

さて、皆様の周りにもいないでしょうか、冗談が通じる人と通じない人。

冗談が通じる人は、一般的に気さくで話し安く、何よりよく笑ってくれます。

冗談が通じない人は、その反対にどうにも言い表しがたいのですが、なんとなく話かけにくいオーラが出ています。また、表情も固いことが多いのです。

世の中が冗談の通じる人ばかりならどれだけ楽か知れませんが、残念ながら現実はそうではありません。というかどっちかというと、通じないケースのが多い感じすらあります。

冗談が通じる人とのコミュニケーションは簡単。

みやぞんさん。冗談通じるかは…しらんけど。

まず、自分が笑いをとるのが好きであれば、相手の懐に入って冗談を言いまくるだけ。

ツボが違うことはありますが、傾向をつかんで行くにはとにかく話続ければOK。

反対にあまり話が得意でなければ、相手の言うことに笑っておけばまず外しません。大切なのは、自分が冗談が通じないと思われないこと。とりあえず笑っておこう。

では冗談が通じない人の場合の対策。

冗談通じないから。

理解しなければならないのは、冗談が通じない人でも、24時間ずっとムスっとしていて楽しいわけではない、ということ。

冗談が通じない場合は次のようなケースが考えられます。

1 冗談言っている場合ではない場合

 これは、タイミングの問題です。例えば仕事が死ぬほど忙しい時期であったり、親族に不幸があったり。この場合は、無理に話しかけたりジョークを飛ばしても意味がないので、時を待ちましょう。

2 笑いのツボがずれている場合

 何回か話かけて見ても、全く通じない感じの人。それは、単純に試行回数が足らないパターンも考えられます。話上手の人が陥りガチですが、鉄板ネタでもツボがずれれば冗談は通じません。粘り強く向き合ってみましょう。

3 人と話すのが苦手な人の場合

 決して冗談が通じないわけではなく、引っ込み思案なだけの場合もあります。その場合、冗談が通じないわけではないのです。このパターンの人の場合、まず相手から話してくる機会を待って、笑顔で話に応じるのが大切です。そうすれば、少しづつ打ち解けていき、ゆくゆくは冗談を言い合える仲になれるはず。

4 ぶっちゃけ嫌われている場合

 これは究極ですが、貴方が嫌われているだけのパターンもあります。そうなると、まずは自分の行動を振り返る必要があります。やらかしていた場合は、謝罪から入らないといけません。

以上、冗談が通じる人。通じない人の特徴と対策でした。

大真面目に仕事だけだと、心が追い込まれます。

適度な冗談で、気楽に仕事しましょう。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA