VTuberシーンの今後の展望


お疲れ様です。今回はVTuberシーンの混沌化について、ニュースがあったのでそれについて。

yahooニュース様より。

上の女性の名前は「ときのそら」さんだそうです。もうCDが発売されており、女優としてもデビューするんだとか。

さてVTuber(バーチャルユーチューバー)とはそもそも何なのか?

上のニュースにもありますが、生身の人間の動きなどをカメラ等で取り込み、それをCGキャラクターに反映して動画を作成するYouTuberのことを言うそうです。

YouTubeで検索してみると、結構な数の動画と、チャンネル登録者数もかなりある、おそらく収益もけっこう出してそうな方が出てきます。ってかチャンネル登録者数250万人とかの方も。ヒカキンさんの三分の一ってすごい。

アニメ等が好きな人ははまりそうなイメージ。個人的には、やっぱり生身のほうが親しみがあるというか、話がすっとはいってくる感じはしますね。

では肝心のニュース内容について。

どうやら経費的にはお安いようで、一部企業なども参加して芸能界進出が増えているそう。ただ、実際のアイドルとして受け入れられるかどうかは未知数ですね、みたいな話。

確かに、CD(音楽コンテンツ)は一昔前に「初音ミク」が流行ったように、バーチャルアイドルが受け入れられる素地はすでにありそうですが、ミュージックステーションとかのいわゆる王道的な売り方は、どうなんでしょうね。

見た目が重視される芸能界ですら、それが重要な要素でなくなるきっかけとなるのか?それともやはり生身の人間がまだ残り、すみわけがなされるのか?

しかし、現状日本においては、男女問わずけっこうバーチャルに流れてますもんね…余計に少子化が進みそう。

バーチャルと結婚して、リアルの子供を作ることは、倫理的な壁を除けばもうできますもんね、きっと。

最終的には、人類の生物的本能と、技術と人の欲求のぶつかり合いが起きそうな、実は壮大なニュースなんじゃないでしょうか(笑)


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA