長崎原爆の日から74年…松尾あつゆきさんの俳句を思う。


お疲れ様です。今日は長崎に原爆が投下されてから74年目。

長崎出身の俳人で、原爆で家族を失った、松尾あつゆきさんについて。

松尾あつゆきさんは、長崎で妻と4人のうち3人の子どもを原爆で失いました…

教師であった松尾さんは、教え子の支援を受け、被爆体験を綴った句集を出版しています。

5・7・5にこだわらない自由律俳句が特徴だそうです。

前置きはこのくらいで、その俳句をご紹介。

松尾あつゆき著
“原爆句抄”より

すべなし 地に置けば子にむらがる蠅
かぜ、子らに火をつけてたばこ1本
朝霧 きょうだいよりそうたなりの骨で
まくらもと子を骨にしてあわれちちがはる
炎天、妻に火をつけて水のむ
なにもかもなくした手に四まいの爆死證明
涙かくさなくてよい暗さにして泣く

ここまで。

自由律ならではの表現とかは置いて、この虚無感。

妻と子を亡くした無念たるや如何ばかりか…

行間から無念を感じ、涙が止まりません。

平和を守らないといけない、そんな気持ちにさせてくれる俳句でした。

どんなテレビの特集よりも、突き刺さる言葉の偉大さ。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA