選挙管理どうなってんの!? 票の間違い


お疲れ様です。本日はびっくりした記事。元記事はこちら。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000110-asahi-pol

静岡県富士宮市の選挙管理委員会が発表。

山本太郎氏と、山田太郎氏という非常に似通った2名の候補者について、山田氏の分も山本氏にすべて計上していた、というもの。その数515票。

気付いたきっかけが、結果を記したホームページに対する市民からの指摘だというのだから、驚きですね。

別の場所では、投票者の数に対し投票数が合わない、なんてことも起こっているようで…

今時紙でやっているのは、慎重を期してのものであるはずが、ミスとは…

しかも、この手のミスって大概「再発防止に努める」で終わるのです。関係者も罰せられたりしないし。

まあ何千何万と紙を集計するわけですから、そらミスもあろうかと思いますが…民主主義の根幹ですよね、選挙の投票って。1つの間違いで、国民の代表が決まるわけで。

1票の格差の是正も大事ですが、そもそも数え間違いも「仕方ない、なあなあ」にしている現状は、あまりよろしくないですよね…

かといって全自動やコンピュータ投票も、かえって脆弱性を突かれそうだし。

難しい問題だと思う次第です。

マイナンバーなんかと連携させれば、ある程度局限できそうな気もしますが、システム的にミスが少なくなる方法が考案されて欲しいですね…

今回は自民党議員の票が野党に流れる形でしたのであまりマスコミも注目しないのでしょうが、逆なら「不正選挙対策委員会」を立憲民主党あたりに立てられ、連日熱く報道されていると思うのですが…

選挙管理委員会がんばれ、という記事でした。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA