自衛隊基地は盗撮し放題!? 法的責任問えず


なんじゃそら、というニュース。元記事はこちら。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190806-00000046-mai-soci

ニュースの内容。

航空自衛隊小松基地で、機密性の高い「戦闘機の整備状況」の映像が基地の外から撮影され、動画サイトYouTubeにアップされた、というもの。見つけても、現状法的責任を問えないようです。

このニュースを見て、皆様いかが感じるでしょうか!?

私は、率直に言って失望しました。

基地内から、盗撮されているのを察知しても「注意する」だけだそうです(笑)

これが中国なら、即拘束ですよ。米軍もですが。

日本人も何人も捕まってます。

これだけ毎日領空・領海侵犯されてもお花畑な日本。

盗撮は条例でいくらでも取り締まれるのに、国防のためのスパイ防止法は絶対ジャーナリズムや自由主義の方々に阻まれてしまう。

おかげで日本でのスパイはやりやすいでしょうね…

そういえば、少し前のニュースで「米軍基地内をドローンで撮影させないのは憲法違反!」みたいなこと言ってる記者がいましたね…

少し考えて欲しい…

知る権利と機密保護はトレードオフだと思うのです。

どちらかを制限すれば、どちらかが成り立たなくなる。

果たしてどちらを守ることが、公共の福祉になるのか。

スパイ防止法は、必要だと思います。少なくとも、自衛隊や米軍基地など、国防に関わる施設の無断撮影くらいは、取り締まれるよう法整備をすべき。

こんな簡単に機密が盗まれるようじゃあ国防なんて任せられない、と思うのですが。

おかしいのかな…


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA