煉獄さんはなんでこんなに人気があるのか?ちょっと考えてみたら、実は〇〇だった…!?


やっぱり格好いいね!

元記事はこちら。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ade69591c9aa01689c1123b1d252ad4c3bff02d5

元記事の内容は、いつものフィギュア広告記事です。

1/4のビッグスケールということで、うん万円しそうな極彩色フィギュアでごさいます。

さて、それは置いといて。

なんでこんなに煉獄さんこと煉獄杏寿郎って人気なんだろう?

そう思うわけです。

原作を読んだことがある方ならわかると思いますが、煉獄さんって中盤で死んじゃうんですよね。

だから、物語の核心にもあまり触れないし、なんなら「柱」の中でも真っ先に逝ってしまいます。

そんな煉獄さんの人気に、私なりに迫っていきたいと思います。

煉獄さんの人気要素まず一つ目。

1 主人公の兄貴分的存在である。

煉獄さんは、主人公である炭治郎君の兄貴分的な感じで、任務に向かいました。

劇中でははじめて「柱」と挑む任務ということで、まさに頼りになる男感が半端なかった煉獄さん。

漫画では描写が少なかったですが、巻き込まれた人を護りつつ、強敵と戦う姿はまさに兄貴!

今際の際まで美しく、その兄貴的格好良さが魅力の一つだと思います。

2つ目。

2 茶目っ気がある。

弁当に「うまい!」と称賛を続ける煉獄さん。

この絵にかかわらず、煉獄さんは妙に茶目っ気がある。

まず、常に瞳孔が開きっぱなしなこと。

そしてその真顔で、よくわからないことを宣うこと。

これに茶目っ気を感じずにはいられないのです。母性をくすぐられるというか。

夢の中でも主人公達に慕われる姿を夢見るなど、なかなかに面白い人物です。

なんとなく、いじっちゃいけない系の面白さ。

「この人ボケてはるのかな?ツッコんでいいのかな?」みたいな。

3つ目はこちら。

3 明確に死ぬ

劇中中盤で、煉獄さんは強敵と戦って死にます。

あっぱれな死に様で、間違いなく生き返らないだろうなと思える死に様。

現代の漫画特にジャンプ系では珍しい、死が明確になるシーンでした。

日本人的な美学から言うと、死に際があっぱれな人間は、やはり人気になりやすい。

劇中では悲劇ですが、はたから見たら格好が良すぎるので…

4つ目はこちら。

4 炎使いである

煉獄さんは炎柱であり、炎の呼吸の使い手です。

なんで「火の呼吸」じゃないのか?っていうのは、是非原作をご覧ください。

炎使いは、力がわかりやすいので、人気もでやすい傾向にあります。

見た目も派手ですしね!

水や風なんかは、派手さが出しにくいし…

まぁ、炎使いはわかりやすいだけに「噛ませ」にもなりやすいのですが。

それでも煉獄さんは、強敵にも認められるレベルの強者として戦いました。

こんなの、格好良くないはずがねぇよなぁ!

最後はこちら。

5 主人公とホモが捗る

「丹治郎 煉獄」で検索してごらん?

出るわ出るわ、ホモの山。

煉獄✕丹治郎が人気の様子。良いよね!可愛い!

煉獄さんが「よもやよもや!」と掘られている姿は、想像しにくいしw

以上です。

結論。

兄貴分で茶目っ気があり、中盤に死んで、炎使いは大体人気者になる。ホモれればなおベネ。

ワンピースのエースとかね!

煉獄さんのフィギュアはこちらから。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA