日本と韓国 関係どうなる?


最近、韓国で「元徴用工」の提訴が活発化してきていますね。実は日本人がモデルと噂される徴用工像の方は、設置にすったもんだあるようですが。

後は、記憶に新しいのは昨年末の哨戒機にレーダを照射した事件でしょうか。あれも相当無理筋に感じましたが、北朝鮮に対する「瀬取り」の援護だったとか、憶測を呼んでいますね。今後は、哨戒機等が近づいてきたら、レーダ照射が韓国海軍のデフォルトになるそうで。嘘を一つつくと無限に嘘をつかなきゃならんくなるという、お手本のような事件に。

百万歩譲っても、日本の哨戒機なんてどうせ武器も積んでないんだし…傍目からは、現に休戦中の北朝鮮の方がよほど脅威な気はしますが。

また、旭日旗の件も。これ、言い出したのサッカー選手なんですよ。あの旗を見て、日本人をばかにするようなジェスチャーを誘発させられた、あの旗が悪い!みたいな。それをこじらせて、いまやあの旗は国際的な「戦犯旗」なるものに仕立て上げられつつあるんですよ。

日本でも堂々と「韓国嫌い」と言えてしまう風潮に。そりゃあんだけ提訴されればね。福島産の食物もWTOで敗訴したりと、日本的にも洒落にならないダメージを受けてますし。

というわけで、多分破局的な感じに突き進む匂いがしますね…

では、冷静になって、今の状況を見てみましょう。利害関係から考えてみます。

日本(含むアメリカ)と韓国の関係が悪化して、得する人・国はどこか。

まず挙げられるのは、韓国が日本から離れた場合、北朝鮮・中国又はロシア(以降、赤側とします)につくであろう、ということ。

赤側にとって都合がいいようにいけば、韓国は北朝鮮と統一し、核保有国が爆誕します。そうなると、北東アジアは赤側に。

日本は、アメリカ頼みですので、非常に厳しい立場に置かれることは容易に想像がつきます。何せお隣が全部、覇権を狙う国だらけになるわけですから。

TPPで今関係を持っている国々(オーストラリア等)と細々とやりくりしていくしかありません。

あとは敵の敵は味方ということで、インドあたりににらみをきかせてもらうか。ただ、そう都合良くはいかないでしょうね…

ということで、朝鮮半島が赤側に渡るか否かは、日本にとって死活問題なのです。渡った場合、多分滅亡不可避。アメリカがいつまで太平洋への影響力を持てるか、不透明ですし。

韓国人も、悪い人ばかりではないんですよ…一部北朝鮮やらの工作員が暴れて、それに流される形で反日になる人間もいますが。これは日本人も同じです。

徴用工や慰安婦など、証拠が怪しい問題については、毅然と対応しなければなりません。それは無視しや遺憾だけ示して放置することではないのです。相手には工作員も居ます、彼らは話し合いなど端から望んでいません。離間工作が成立すれば良いのです。そういった認識の元、話の通じる相手を選んで、対応する必要があります。

日本人気質的には全面解決を望みたいところですが、そんなもんはありません、不可能です。妥協&妥協で、一部を説得して、それを世論として受け入れさせるしかないと思います。

日本人として、いたずらに韓国に反感を抱くのではなく、それにより得する連中を考慮する必要があります。感情的に生きていては、将来我が国に未来はないのです。

朝鮮半島は隣国としてそこそこのお付き合い、非核化を目指しましょう。

旭日旗


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA