地獄の生活

共産党、さすがの貫禄。開票前に「国民の強い現れ」とは…

元記事はこちら。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8c7ebd4ca2e880c6733898fe7c448ef52e11255

さて。

元記事の内容は画像のとおりですw

それ以上でもそれ以下でもない。

これについて思うことを述べていきます。

まず。

選挙の結果前に「国民の強い批判の現れ」ってどういうこと?

未来予知?

出口調査で与党が爆死する結果でもでたのでしょうか?

そうでもなければ、国民の強い批判の現れとはならないでしょう。

共産党大勝ちでもなければ。

実際、自公で過半数確保だし。

どういうこと?

共産主義って、ここまで落ちたのでしょうか?

次に。

結果はともかく、接戦で追い詰めているとは?

選挙は結果がすべてでは?

しかも過半数いかれてるのに?

そんな認識だから、野党が選択肢になり得ないのでは。

立憲民主と共産が手を組む。

それで負けてんだもの。

まだ国民民主とか、維新の方が選択肢にはなりますわな。

勘弁してよ、もう。

民主主義は、数がすべてなんだから。

そこを誤魔化して「とりあえず与党へのお灸だ!」みたいな論調が許されるなら、それは民主主義国家ですらない。

真面目にやりなはれ。

国民は見てまっせ。

以上です。

共産党グッズオススメしたら、BANされそう。大概の国だと共産党は禁止されてるし。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!

モバイルバージョンを終了