ヴァンパイアに噛まれたら同性愛になる映画、批判浴びる…


また生きづらいというか、目くじら立て過ぎというか…元記事はこちら。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200217-00000047-asahi-movi

「バイバイ、ヴァンプ!」という邦画を巡り、表現方法について批判が浴びせられているのだとか。

なんでも、映画内でヴァンパイアに噛まれたら同性愛者になる、という描写が同性愛者に対する差別を助長するのでは?という問題提起なようです。

ちなみに製作者側は、愛の様々な形を描いた笑いありの青春ホラーであり、差別的な意図はないとの発表をしています。ただ誤解を招いたのであれば、お詫び申し上げます的な。

しかし、ネットでは公開反対の署名までやっているそうな…どこの層かは知りませんが。

さて、このニュースについて、皆様どう思われますか?

私は、あくまでも表現の自由の範囲だと思うんですけどね〜。

ちなみに私は当事者ではない、ということは断っておきます。

真っ向から「同性愛は罪!」みたいな某宗教的切り方をされているわけでもないですよね?

こういった表現に目くじらを立てて、事を荒らげてしまうと、ますます同性愛者に触れるのが「禁忌」のようになってしまうのではなかろうかと思うのです。

同性愛って、先天的にしろ後天的にしろ、実際いらっしゃるのは紛れもなく事実です。しかし、腫れ物のように扱われる方が、当事者にとっては辛いのではないかなと。

まあ、ビジネス的に裏に誰かがいるのかも知れませんけどね。

その場合は、表現の自由として断固戦うべきだとは思います。

同性愛の自由は叫ぶのに、表現の自由はガチガチに縛ろうとするダブルスタンダードに、違和感。

当然、あからさまな侮蔑はダメですけどね。

という訳で、色々考えさせられるニュースでした。

公開されたら見てみたいな…ステマなら見事やな(笑)


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA