地獄の生活

プペルが歌舞伎に!プペルマニアが見所を予想で語り尽くす!プペルは〇〇で表現するべき?

やったぜ!プペル歌舞伎化!

元記事はこちら!

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6406143

まずはニュースの内容です。

あの大人気作品「えんとつ町のプペル」が、ついに歌舞伎の演目になるそうで!

しかも主演はあの市川海老蔵さん。ご子息、ご令嬢も当然のごとくご出演予定。「ご」が多い。

原作者の西野さんも、市川海老蔵さんの境遇とプペルの物語を重ね合わせ、脚本を書きながら涙したとか。

これは期待するしかない!

というわけでプペル歌舞伎版、『プペル~天明の護美人間~』について、私が勝ってきまま歌舞伎化したいと思います!

当方、プペルで泣くこと数えきれず。

絵本、映画、それぞれ涙を枯らすまで泣いております。

では…いきます!

1 プペルは絡繰り人形になる

プペルと言えば、ゴミからできた人間です。

記事では市川海老蔵さんが演じることになっていますが、人間が化粧してゴミ人間では、あまりにも芸がない。

というわけで、ここは日本古来の「絡繰り人形」でゴミ人間であるプペルを表現してはいかがでしょうか?

そうすれば、原作の「ゴミ人形ではなくゴミ人間」というキーワードを、より引き立てられること請け合いです。

途中で絡繰りから人間になる、なんて展開があったらなお素敵。

2 プペルの夢は星ではなく「黒船」

プペルの夢は、煙だらけで星空も見えない世の中で、星の存在を信じていることでした。

これは現状を打破する手段の象徴と考えられます。

そこで、歌舞伎ではこれを「黒船」と捉える。

現状を打破する黒船が、外の世界にはある。

これは異端審問待ったなしでしょう。

…泣けるかは知らん。

3 異端審問会は奉行所でやる

これは当然ですね。

異端審問官は当然、奉行所のお役人でござる。

黒船を差し押さえようとする奉行。

ああ、場面が思い浮かぶようだ…

4 牛若丸がプペルを助けてくれる

歌舞伎と言えば、やはり牛若丸。

というわけで、えんとつ屋の役割は牛若丸にしましょう!

プペルを助ける牛若丸。それといじめてきた弁慶。

なんとも華のあるシーンになりそうです。

5 ラストは、絡繰り人形の心臓が…

ラストはどうするんですかね?歌舞伎だと。

絡繰り人形の中からおとっつぁんが現れ、大見得を切って終わり!

これしかないのではないか?

どう表現すればいいのか、私の頭では思い浮かびませんが…

プペルの夢は黒船来航だしなぁ…どうすっか。

はい。

歌舞伎妄想は以上です。

…最後に申し上げます。

私、プペル見たことないです()

なんなら歌舞伎もよく知らんですw

ネタ記事です、気分を害された方は本当に申し訳ありませんでした。

プペルが好きな方は、こちらから是非。すごい良いらしい。

読んで頂き、ありがとうございました!感想などコメントいただけると嬉しいです!

モバイルバージョンを終了