たけしの挑戦状舞台化…こんなものにマジになってどうするの


伝説のクソゲー、まさかの舞台化…!?https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00010001-magmix-game

ファミコン時代に数多く出されたタレントゲーム。完全にバブルの悪乗りですね…しかし、その中でもとびきりのあだ花的存在、たけしの挑戦状が舞台化とは…マジ!?

たけしの挑戦状は、実はクソゲーとして一部では有名なのです。ビートたけしが主役のアクションゲームなのですが、難易度が鬼のように難しいのです。

とはいってもアクション部分はまあ普通。

クソゲーたる由縁は、その理不尽な謎解き要素にあります。

ゲームオーバー画面。何回も多分見る。

攻略法が「2P側のマイク機能を使ってカラオケをする」とか「宝の地図の画面で〇時間放置」とかなんです。そんなん普通やる?みたいな攻略要素が、ほぼノーヒントで繰り広げられる。

まさに時代のあだ花というか、娯楽の少ない頃のソフトって感じの理不尽さ(笑)

他にも有名どころでは、明石家さんまが主役の「さんまの名探偵」なんかもありますね。なんと、あの前東京都知事舛添要一さんもゲーム出してるんですよ。

ちなみに私もさんまの名探偵とたけしの挑戦状はプレイしたことがあります。

さんまの名探偵はアドベンチャーゲームとして普通に面白かったのでクリアしましたが、たけしの挑戦状は無理だった思い出…

さんまの名探偵は、youtuberの方も結構プレイ動画上げられてますね。あのゆうしゃさんも動画上げられてまして、私これかなり好きでおすすめです。若干のホラー要素(主にBGM的な)ありますが、お暇な時に是非。ツッコミ冴え渡る神動画。

よく見たらとんでもないネタバレ画面でサムネイル表示されとるわ

舞台見に行ったことないですが、これは見てみたいな…

あのエンディングどうやって表現するんだろ。興味深い。


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る男性です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    趣味(ブログの記事)は、ブログ日記、ニュースから考えること、航空、軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。
    よろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA