ゲームボーイ 30周年!(since1989.4.21) 苦い思い出


ゲームボーイが、2019.4.21で生誕30周年だそうで。記念記事です。

皆様は遊んだことありますでしょうか?

私はちょうどゲームボーイがゲームボーイカラーになるくらいで、遊んでた覚えがあります。

さて、そんな中で最も印象に残っている思い出を今回は記事にします。

ポケモンの初代が流行っていた頃の話です。

私も例にもれずゲームボーイのポケモンで遊んでおりました。

最新のポケモンがどうかわかりませんが、当時は「交換」することでしか進化しない。つまりゲットできないポケモンが数種類存在してました。

ただ、当然交換したポケモンは相手側に行って、進化するわけです。進化させたいと思った人の方には残らないんですね。

それなら、お互い同じポケモンを用意して、交換すればいいわけですが、小学生男子は忙しいので、そんなにゲームばかりしていられないわけで。(笑)

どうにか1匹のポケモンを2人で分け、かつどっちも進化しているようにできないものか?

アホな友人と考えた結果、裏技にすがることに。

昔のゲームってバグ技というか、裏技が多かったんです。

レベルを強制的に上げられるけど、データが壊れやすかったり。インターネットが発達していない時代ですが、どこからともなくそんな裏技(なかには嘘っぱちも)は出回ってましたね…

そんな裏技の中に「通信ケーブルを使って交換中、ちょうど真ん中で電源を切ると、ポケモンが増殖する」というものがありました。

今考えると、絶対嘘。データ処理どないなってんねん。

ただ、やってみようという話に当然なるわけです、小学生男子はアホなので。

そこで通信ケーブル(下記画像参照)をつなぎ、いざやってみると…

イメージ画像

どんどんポケモンが真ん中に…ちょうど真ん中で電源を切るぞっ!っと息巻く二人。

交換のイメージ、実際は有線のケーブル。

そしてちょうど真ん中!電源OFF!

すると…

なんと、友人の方では進化したゲンガーが!(おばけポケモン、そこそこ強い。)

さて、私の方を起動すると…バグった表示になり、なかなか起動しない。

何回か試みて、やっと起動。

すると画面には「さいしょから」の文字が。

「えっ」…思わず友人と顔を見合わせます。

まあまあ、もう1回…

「さいしょから」。以上。

…つまり、無茶な裏技により、データが飛んだワケです。

これにより、友人と気まずくなることを恐れた私は、気にしないふりをし、二度とポケモンを触ることはありませんでしたとさ。(笑)

皆様はいかがでしょうか?コメントお待ちしております!


Tidax
  • Tidax
  • 地獄の生活を送る人間です。
    這い上がるため、ブログをとりあえずがんばります!目指せ収益化!
    ブログ記事の内容はなんでも。特にブログ日記、ニュース、航空軍事関係、ファイアーエムブレムヒーローズです。最近は下ネタ、BLもやってます。
    最新記事はTwitterから。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA